競馬の賞金配分の仕組みと賞金ランキング

競馬の賞金ランキングと配分

競馬を嗜(たしな)んでいる人の中で、中央競馬の賞金配分の仕組みや賞金ランキングに興味を持っている人は少なくないはず。そこで本記事では、中央競馬の賞金配分の仕組みや賞金の種類、各種賞金ランキングなどをまとめます。中央競馬の賞金について知りたいと思っている人は、是非最後までご覧ください。

競馬の賞金配分の仕組みとは?

中央競馬の賞金はレースごとに定められています。上位グレードのレースに勝てば賞金の金額も大きくなり、G1レースで1着をとれば、数億円の賞金が支払われます。

支払われた賞金は、馬主や調教師、騎手、さらには勝ち馬を担当している厩務員によって分配されます。一般的には馬主が賞金の80%、調教師が10%、騎手と厩務員は5%の配分とされています。ちなみに障害レースの場合は、騎手が7%を受け取る場合もあります。

  • 馬主 約80%
  • 調教師 約10%
  • 騎手 約5%
  • 厩務員 約5%

競馬の賞金の種類とは?

競馬の賞金の種類に関しても詳しく説明しましょう。一般的に競馬の賞金と呼ばれているものは、出走したレースで上位5着以内に入賞することで与えられる「本賞金」です。5着までに入れば、賞金を獲得できるというわけです。

しかし、多くのレースでは10頭以上の馬が出走することもしばしば。また、競走馬がレースに出走するためには多額の費用がかかります。仮にレースに出走しても、5着に入賞できければ赤字になってしまうかもしれません。そのため、5着に入賞できなかった馬のために、「本賞金」以外にも複数の賞金が用意されています。

本賞金

「本賞金」とは、先ほどもご紹介した通り、レースの5着以内に入ったら支払われる賞金です。レースのグレードによって賞金の額は大きく変わり、古馬G1の最高峰とされるジャパンカップや有馬記念に優勝すれば、総額3億円を獲得することができます。「本賞金」の一部が主な収入源となる騎手や調教師は、当然ながら、よりグレードの高いレースで勝利することを目指します。

出走奨励金

「出走奨励金」とは、レースに出走し5着に入賞できなかった場合でも貰える賞金でのこと。一般的なレースであれば8着以内、重賞レースであれば、10着以内まで賞金が支払われます。

  • 6着:1着賞金の8%
  • 7着:1着賞金の7%
  • 8着:1着賞金の6%
  • 9着:1着賞金の3%
  • 10着:1着賞金の2%

1着賞金に比べて支払われる金額は決して大きくはありませんが、G1レースなど1着賞金の大きい重賞競走であれば、かなりの金額が支払われるでしょう。

特別出走奨励金

ごく一部のG1やG2のレースでは、11着以下の馬にも「特別出走奨励金」が支給されるケースがあります。例えば、G1レースでは11着以下の馬に約150万円から200万円、G2レースでは11着以下の馬に約50万円から100万円が支給されます。

特別出走手当

レースに出走した全馬に支払われる賞金もあります。それは「特別出走手当」と呼ばれるものです。いわゆる参加賞のような位置づけとなります。

  • 重賞競走:43万2000円
  • 特別競走:42万3000円
  • 1勝馬:42万1000円
  • 未勝利馬・新馬・未勝利戦:41万1000円

上記のように支払われる金額が定められています(条件によっては金額が変わることもあります)。

距離別出走奨励金

ここまで紹介した以外にも「距離別出走奨励金」と呼ばれる賞金があります。これは芝コース・距離1,800m以上の一般競走に出走した馬に支払われる賞金です。支給される金額は着順やレースのレベルによって変わりますが、最高で約360万円が支払われます。

競馬の賞金が高いG1レースランキングTOP3

続いて、中央競馬で賞金の金額が高いG1レースを3つ、ランキングで紹介しましょう。以下の3つのレースは、賞金の金額も高額となっており、ファンのみならず競馬サークル関係者が盛り上がるレースとなっています(※賞金額のデータは2020年のものを使用)。

1位:ジャパンカップ 1着賞金 3億円

日本で最も賞金が高い競馬のレースは、1981年に創設された日本初の国際G1ジャパンカップ(東京競馬場 芝2400m)。ジャパンカップは、例年11月に開催される外国で活躍した強い馬を招待する国際招待競走で、1着賞金は3億円となっています。

  • 1着賞金:3億円
  • 2着賞金:1億2000万円
  • 3着賞金:7500万円
  • 4着賞金:4500万円
  • 5着賞金:3000万円

ジャパンカップは世界中の有名な馬や騎手が出場するレースです。そのため、ジャパンカップは日本で最高峰のG1とされ、また、注目度がとても高いレースとなっています。ジャパンカップの勝利ジョッキーには、1着賞金の5%、ざっくりと1500万円が配分されることになります。

2位:有馬記念 1着賞金 3億円

ジャパンカップと同じく、日本で最も賞金が高い競馬のレースがあります。それは、年末に開催されるグランプリレース有馬記念(中山競馬場 芝2500m)です。こちらの1着賞金もジャパンカップ同様に3億円となっています。

  • 1着賞金:3億円
  • 2着賞金:1億2000万円
  • 3着賞金:7500万円
  • 4着賞金:4500万円
  • 5着賞金:3000万円

有馬記念の出走馬は、競馬ファンによる投票で決められます(G1では有馬記念の他に夏のグランプリレース宝塚記念がこの方式)。ファンによる投票数が多い馬だけが出場できる有馬記念は、競馬ファンのみならず、年末の風物詩として、一般の人々も馬券を購入することが多いのではないでしょうか。

余談ですが、サクラローレル・マーベラスサンデー・マヤノトップガンらが出走し、約875億円を売り上げた1996年の有馬記念は、「世界で最も勝馬投票券の売上のある競走」としてギネス記録に認定されています。

3位:東京優駿(日本ダービー) 1着賞金 2億円

3位は、皐月賞や菊花賞とともに「三冠競走」「牡馬クラッシック戦線」を構成し、東京競馬場 芝2400mを舞台に3歳馬の頂点を決める東京優駿(日本ダービー)1着賞金は2億円です。

  • 1着賞金:2億円
  • 2着賞金:8000万円
  • 3着賞金:5000万円
  • 4着賞金:3000万円
  • 5着賞金:2000万円

東京優駿は、1932年(昭和7年)にイギリスの「ダービーステークス」を参考に設立されました。3歳馬最強の牡馬を決めるレースですが、近年では2007年に牝馬のウォッカが勝利し話題となりました。

ジャパンカップや有馬記念よりも1着の賞金額は少ないですが、さすが3歳馬の頂点を決める伝統のあるレース。その他の古馬G1レースの1着賞金を抑えて堂々の3位にランクインしています。

競馬の獲得賞金額歴代ランキングTOP3

続いて、これまで中央競馬で活躍した名馬の獲得賞金額歴代ランキングTOP3を紹介します。

1位:テイエムオペラオー

獲得賞金額歴代ランキング 堂々の第1位はテイエムオペラオー(牡・岩元厩舎)。アドマイヤベガ・ナリタトップロードらと1999年のクラッシック戦線を賑わし、皐月賞1着・ダービー3着・菊花賞2着と大活躍。グラスワンダースペシャルウィークの激闘で知られる有馬記念でも3着に入賞します。

翌2000年にはGI5連勝・重賞8連勝と年間無敗の大記録を打ち立てました。特に、包囲網を形成されるも馬群を割って1着となった有馬記念は、今でも年配の競馬ファンに語り継がれています。また、オペラオーが1着となったレースで2着に入ることが多かったメイショウドトウとは、一緒に引退式を行ったことも有名です。生涯成績は26戦14勝、生涯獲得金額は19億3518万円。1999年にはJRA賞最優秀4歳牡馬、2000年にJRA賞年度代表馬・JRA賞最優秀5歳以上牡馬、2004年にはJRA顕彰馬に選出されています。

2位:キタサンブラック

獲得賞金額歴代ランキング第2位は歌手・北島三郎さんの持ち馬としても知られるキタサンブラック(牡・清水久厩舎)。逃げ・先行を得意な戦法とし、ドゥラメンテ・サトノダイヤモンド・サトノクラウンら同世代の馬と激闘を繰り広げ、菊花賞・天皇賞(春・秋)・ジャパンカップ・有馬記念などの大レースに勝利しました。引退レースとなる2017年有馬記念でも優勝し、有終の美を飾りました。生涯成績は20戦12勝、生涯獲得賞金は18億7684万円です。

キタサンブラックは、2016年と2017年にはJRA賞年度代表馬・JRA賞最優秀4歳以上牡馬、2020年にはJRA顕彰馬に選定されています。

3位:ジェンティルドンナ

3位には牝馬のジェンティルドンナ(牝・石坂正厩舎)がランクイン。ジェンティルドンナは、桜花賞・優駿牝馬(オークス)・秋華賞を勝ち牝馬三冠馬となったのみならず、ジャパンカップ連覇(2012年・2013年)、有馬記念優勝、さらには海外遠征をしてドバイシーマクラシックに勝利するなど、数々の偉業を成し遂げた名牝です。ちなみにジェンティルドンナの父は三冠馬ディープインパクトで、日本競馬史上初となる親子三冠を達成したことも話題となりました。

ジェンティルドンナの生涯獲得金額は17億2603万円。同世代に牡馬三冠馬オルフェーヴルをはじめとした強力なライバルたちが立ちはだかる中、牝馬がこれだけの賞金を獲得したことは評価されることではないでしょうか。2012年と2014年には、その活躍が認められJRA賞年度代表馬、2016年にはJRA顕彰馬に選定されています。

競馬の賞金についてのまとめ

最後に、ここまでご紹介した競馬の賞金に関するいくつかの知識をまとめましょう。これら競馬の賞金に関する知識は、残念ながら馬券を買う際のヒントにはなりませんが、競馬を楽しむための知識として役立つかもしれませんね。

騎手が賞金の全て受け取るわけではない

競馬ファンの中には、「競馬の賞金のすべてを騎手が手にしている」と思っている方もいらっしゃるようですが、そうではありません。馬主や調教師、騎手、さらには勝ち馬を担当している厩務員によって分配されます。騎手への配分は約5%とされており、馬主への配分である80%と比べるとずいぶん低い比率となっています。

例えば、賞金3億円のジャパンカップで優勝した場合、馬主は約2億4千万円、騎手は約1500万円を手にすることになります。

「本賞金」が支払われるのは5着以内まで

「本賞金」が支払われるのは5着以内までです。5着以下は「出走奨励金」や「特別出走奨励金」など、以下の名称で支払われます。

  • 出走奨励金
  • 特別出走奨励金
  • 特別出走手当
  • 距離別出走奨励金

仮にレースで芳しくない結果となったとしても、これらの賞金を得ることが可能です。

最後に

本記事では、中央競馬の賞金配分の仕組みや賞金の種類、各種賞金ランキングを解説しました。8着や10着といった低い着順であっても賞金が支払われるという点に驚く方も少なくないでしょう。それだけ競馬が儲かっているということの証左かもしれません。

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。ぜひ参考にしてみてください。