競馬の年齢制限は20歳 | 未成年が馬券を購入すると重たい罰則も

競馬には年齢制限がありますが、何歳から馬券購入が可能なのか把握している人は意外と少ないかもしれません。かつては中年以上の男性の娯楽というイメージの強かった競馬ですが、近年は女性をターゲットにした「UMAJO」、人気アプリ「ウマ娘」などの効果もあり、競馬に夢中となる若い人が増えてきています。そこで気になるのが、「競馬は何歳から楽しめるの?」という年齢に関する疑問。公営ギャンブルにあたる競馬には厳格な年齢制限が設けられており、違反すると罰則が課される可能性が考えられます。

この記事では、競馬の年齢制限に関するルールをしっかり確認した上で、違反した際のペナルティについても解説します。馬券購入は18歳からなのか、20歳からなのか、しっかりと把握していないと思わぬ形で罰則を受けるかもしれません。競馬を楽しむうえでの最低限のルールとして年齢制限をしっかりとチェックしておきましょう。

競馬の年齢制限|馬券購入は20歳になってから

結論から言うと、日本の法律において競馬の年齢制限は20歳以上と定められています。競馬に関する規則をまとめた競馬法にも、下記の通りしっかりと明記されています。

未成年者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

引用:競馬法28条

ここで言う「未成年」とは、20歳未満のこと。自分自身で馬券を購入することはもちろん、他の成人に頼んで代理購入してもらうことも明確に禁じられています。また、その他の代表的なギャンブルの年齢制限は、それぞれ下記のように定められています。

  • 18歳以上:パチンコ、パチスロ(娯楽としての要素が強い)
  • 20歳以上:競馬、競輪、ボートレース、オートレース(賭博)

パチンコが18歳から遊技可能なことで、「競馬も18歳から大丈夫」と勘違いしてしまう方が少なくありません。18歳になっても、競馬はもう2年我慢しなければいけないということを頭に入れておきましょう。

成人年齢18歳へ引き下げも無関係

民法改正に伴い、2022年の4月1日より成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることが決まっています。これにより18歳以上が「大人」と定義されるようになりますが、競馬をはじめとする公営ギャンブルの年齢制限が引き下げられることはありません

成年年齢が18歳になっても、飲酒や喫煙、競馬などの公営競技に関する年齢制限は、これまでと変わらず20歳です。

引用:政府広報オンライン

国民への広報活動を目的とした『政府広報オンライン』でも、上記の通り「競馬は20歳以上」としっかり明記されています。その他、飲酒や喫煙も20歳以上と年齢制限が緩和されることはありませんので、「競馬、飲酒、喫煙は20歳から」と肝に銘じておきましょう

20才以上なら学生でも購入可能

一方で、20歳を超えていれば職業などに関係なく競馬を楽しむことができます。当然、学生の方が馬券を購入しても、何の問題もありません。実際、JRAでは下記のように公表されています。

20歳以上の方であれば馬券を購入することができます。平成17年1月1日より法律が改正され、学生・生徒の方でも20歳以上であれば馬券を購入できるようになりました。

引用:JRA

2004年以前は大学生や専門学校生の馬券購入が禁止されていたため、もしかしたら「学生は競馬をやったらいけない」と言う大人もいるかもしれません。しかし現在は職業による制限は基本的にありませんので、学生の方でも安心して競馬を楽しむことができます。

ただし、競馬にハマりすぎるあまり学業に支障をきたしてしまっては本末転倒。学生は経済的にも100%自立していないケースがほとんどなため、学生生活に無理のない範囲で嗜むのが無難と言えるでしょう。

20歳未満の馬券購入は法律違反 | 代理購入は罰金対象に

20歳未満で馬券を購入すると、法律違反として罰せられる可能性が考えられます。違反が発覚した場合、「18歳以上なら大丈夫だと思っていた」、「知らなかった」では残念ながら通用しません。また、20歳未満の方に代わって馬券を購入すれば、代理購入した成人が重い罰金の対象になります。未成年者を同伴する際には、くれぐれも馬券を購入させたり代理で購入したりしないよう、十分に注意して下さい。

換金時に年齢確認されることも

もしも20歳未満が購入した馬券が当たったとしても、換金時に年齢をチェックされる可能性があります。当選馬券の換金方法としては「自動払い戻し機」と「有人窓口」の2パターンが考えられますが、100万円以上の高額当選した場合には有人窓口が原則。有人窓口でも基本的に本人確認書類はいりませんが、見た目で20歳以上かどうか怪しければ、当然年齢をチェックされる可能性は高くなります。

「自動払い戻し機ならバレることはない」と考える方も多いですが、巡回しているJRAの職員や私服警備員から声をかけられる可能性も十分に考えられます。20歳以上の方は、もしもの場合に備えて年齢を証明できる書類を携行しておくと安心でしょう。

ネットでの馬券購入は実質不可能

近年は「即PAT」や「JRAダイレクト」など、インターネット上で気軽に馬券を購入できるシステムが整備されています。インターネット上であれば顔や風貌をチェックされることもないため、「20歳以下でもバレないんじゃないか」と考える方もいるかもしれません。

しかし、そもそも未成年がインターネットで馬券を購入するのは不可能。インターネット投票では、自身名義の銀行口座やクレジットカードの情報を登録しなくてはなりません。銀行口座やクレジットカードは20歳以下でも作成することはできますが、その際に生年月日の情報を登録することが不可欠なため、インターネット投票のアカウント作成の際にも必ずバレてしまうのです。

「親や友人名義の口座やクレジットカード情報を登録すれば」と考える方もいるかもしれませんが、基本的に本人名義以外の情報を登録することは認められていません。そのため、未成年のインターネット投票はシステムとして見事に防がれていると言えます。

成人による代理購入は罰金の対象

違反例として「親や20歳以上の友人にお願いして馬券を代理購入してもらう」というケースがありますが、これも当然ながらNG。20歳以下の代わりに代理購入したことが発覚すれば、その人には50万円以下の罰金が課されます。

勝馬投票券の購入又は譲受けを禁止されている者であることを知りながら、その違反行為の相手方となつた者(その相手方が発売者であるときは、その発売に係る行為をした者)は、五十万円以下の罰金に処する。

引用:競馬法34条

競馬法第34条においても、上記の通り馬券の代理購入は厳しく処分されることが明記されています。仮に最大50万円の罰金が課されれば、罰金を支払うために給料の約1~3ヶ月分があっという間に消えてしまいます。競馬で少し勝ったくらいではまったくまかなえませんので、たとえ身近な未成年からお願いされたとしても断るようにしましょう。

20歳未満が馬券を購入したらどうなる?

20歳未満の方が馬券を購入した際には、具体的にどのような罰則が課されるのでしょうか?ここでは特に可能性の高い2つのケースをご紹介します。

JRA職員から注意を受ける

競馬場や場外馬券売り場のウインズで、見回りの警備員やJRAの上着を着たスタッフを目にしたことがある方は多いのではないでしょうか?これは単純にトラブル防止のためだけでなく、未成年者がいないかチェックするという役割も兼ねています。

【馬券を購入できる場所】

  • 競馬場:馬券購入or見学目的→馬券を購入しているかどうかが年齢確認のポイント
  • ウインズ(場外馬券売り場):馬券購入→入場時の年齢チェックが厳しい

競馬場は単純に娯楽目的で訪れる未成年者も多いため、未成年だからといってすぐに注意を受けることはありません。しかし、ほぼ100%馬券購入を目的としている場外馬券売り場のウインズでは、入場の際に風貌により年齢確認を実施することも少なくありません。

また、競馬場だとしても20歳前後と思われる人が馬券を購入した場合、年齢確認のため声をかけられるケースも考えられます。ただ競馬場内を散策しているだけなら問題ありませんが、競馬新聞やスクリーンをチェックしているなど、明らかに馬券を購入する意思が確認されれば、声をかけられる可能性も高くなると言えるでしょう。

警察に補導される

もしも20歳以下の方が馬券を購入していることが発覚した場合、そのまま競馬場からの退場を命じられるどころか、警察へ補導される可能性もあります。特に中学生や高校生が単独で馬券を購入した際には、自宅や学校の連絡先を聞かれ、親や担任の先生に報告がいく可能性が高くなるでしょう。

競馬場には、JRAの上着を着た職員以外にも、私服警備員が巡回しています。「バレなければ大丈夫」という考えは捨て、馬券購入は20歳まで我慢するよう徹底して下さい。

関連記事競馬の用語解説20選 | 初心者はこれだけ覚えれば大丈夫競馬の用語解説20選 | 初心者はこれだけ覚えれば大丈夫「本命が末脚伸ばして差しきったけどガミっちゃったよ!」これは競馬の専門用語を使った例文ですが、どういう意味だかお分かりでしょうか?競馬には知らないと意味が推測すらできない専門用語が多く…>>続きを読む

競馬場への入場は年齢制限なし

20歳になるまで馬券を購入することはできませんが、実は競馬場への入場に関する年齢制限はありません。中央競馬の競馬場であれば東京・中山・中京・京都・阪神が200円、札幌・函館・福島・新潟・小倉が100円で入場可能で、14歳以下ならなんと無料で入場できます。

もちろん0歳の赤ちゃんでも競馬場に入場することは可能で、近年は競馬場のコース内部のスペースを活用することで、ファミリー層でも1日楽しめるような工夫がなされています。下記のように楽しみ方はたくさん考えられますので、20歳未満の方は馬券は購入しなくても楽しめる方法を探してみると良いでしょう。

  • レース観戦
  • パドック見学
  • 写真撮影
  • ジョッキーにサインをもらう
  • トークショーなどのイベントに参加する
  • 競馬場グルメを楽しむ
  • 芝生ゾーンでピクニック
  • コース内部に設けられた遊具などで遊ぶ

また、馬券の購入さえしなければ、レース展開を予想するのは自由です。20歳になってから馬券の的中率があがるよう、イメージトレーニングをしておくのも良いかもしれません。

繰り返しになりますが、「競馬は20歳になってから」。20歳になるまでは競馬の雰囲気を知るだけにとどめ、晴れて20歳になったら思う存分競馬を楽しみましょう!

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。ぜひ参考にしてみてください。