野球の競技人口は世界に約3500万人|人気が低迷する3つの理由

日本では「国民的スポーツ」と言われることも多いプロ野球。しかし、世界的に見ると野球はきわめてマイナーなスポーツであることをご存知でしょうか?

実際、ヨーロッパや南米、アフリカなどでは野球が認知すらされていないというケースも決して珍しくはありません。また、野球が広く浸透している国々でさえも、野球の競技人口や人気は年々低下する傾向にあり、世界的に絶大な人気を誇るサッカーに比べるとその差は歴然です。

そこでこの記事では、世界における野球の競技人口や人気はどのくらいなのか、野球人気が低迷する理由や人気回復のためのポイントも交えながら詳しく解説していきます。

世界の野球競技人口は意外と少ない | サッカーとの差は歴然

まずは世界における野球の競技人口や人気がどれほどなのか、具体的なデータを踏まえながら解説します。世界トップクラスの人気スポーツであるサッカーと比べると、その差は歴然でしょう。

世界の野球競技人口は約3500万人

現在、世界における野球の競技人口は約3500万人と言われています。競技人口が約5億人と推定されるバレーボールをじはじめ、バスケットボールやサッカーなどと比べると、野球の競技人口は圧倒的に少ないことがお分かりでしょう。

主なスポーツの世界競技人口

ただし「競技人口」という言葉の定義には、非常に曖昧なところが多いのも事実です。どのくらいの頻度でプレーすれば競技人口としてカウントされるのか、家の庭でプレーする人は競技人口に含まれるのかなど、計測基準は考え出したらキリがありません。正確なデータは基本的に存在しないと言えますので、あくまで目安として参考にしてください。

世界の野球ファン人口は約5億人

世界のスポーツランキングに特化した『SPORTS SHOW』によると、世界の野球ファン人口は約5億人にも上ると推定されており、これは世界で8番目の数値となります。

世界のスポーツファン人口

野球が特に人気である国々は、アメリカを中心とする北中米、日本を中心とするアジア諸国に多いことが特徴とされています。実際、日本のプロ野球ファン人口は約2500万人と言われており、これだけでも世界のプロ野球ファン全体の5%を占めることが分かります。

一方、サッカーが絶対的な人気を誇るヨーロッパにおいては、野球というスポーツ自体が認知されていないことも珍しくありません。WBCなどの国際大会ではオランダやイタリアなどが活躍したこともありますが、それでもヨーロッパ諸国における野球人気はきわめて低いと言えるでしょう。

世界で増えるサッカー競技人口

野球と並んで「日本2大スポーツ」に数えられるサッカーは、世界的にも競技人口が増えているスポーツと言えます。先ほどのデータを参照すると、競技人口は野球の約8倍、ファン人口は野球の約7倍にあたることがお分かりでしょう。

人気の背景には、ボール一つあればどこでもプレーできる手軽さや、用具にほとんどお金がかからないことなどが挙げられます。さらに世界最高峰と言われるヨーロッパ各国のリーグでは年俸や移籍金も桁違いで、1年間で何十億円と稼ぐ選手も少なくありません。

近年では圧倒的な資金力を背景に、中国や中東諸国などでプレーするスター選手も増加傾向にあります。それに伴い中国や中東諸国ではサッカー人気も爆発的に上昇しており、今後もサッカー人気は世界的に伸びていくことが予想されるでしょう。

世界の野球競技人口が減少している3つの理由

サッカー人気が上昇する一方で、なぜ野球人気は年々低迷する傾向にあるのでしょうか?ここでは主に3つの理由を解明していきましょう。

理由 1:圧倒的なサッカー人気

最も大きな理由は、世界におけるサッカー人気が圧倒的であるため、競技人口や人気もサッカーに流れてしまうということです。

例えばサッカーのワールドカップの視聴者数が1試合平均で約1億9000万人であるのに対し、野球のWBCは決勝戦の視聴者数ですら数百万人程度と推定されています。同じ国際大会でもワールドカップとWBCの規模は文字通り桁違いで、野球人気はサッカー人気に全く手が届かないと言っても過言ではありません。

また、特に野球人気が高かったアメリカや日本においても、サッカー人気の増加に伴い野球人気が低迷しています。アメリカでは、元イングランド代表のベッカム選手やスウェーデン代表のイブラヒモビッチ選手などがプレーしたことから、サッカーのメジャーリーグが急成長を見せています。日本でも1993年のJリーグ誕生以来、サッカー人気は確実に伸びていると言えるでしょう。

理由 2:ルールが難しい

野球の競技人口が増えない理由の一つに、ルールが複雑で難解であることが挙げられます。例えばサッカーには「ボールがゴールに入れば1点」という明確なルールがありますが、野球のルールはそう簡単にはいきません。さらにストライクやボールの概念、どうなったらアウトになるのかなど、野球のルールは知らなければ分からないものばかりです。

幼い頃から野球を見て育った人ならまだしも、大人になって初めて野球をする人や観戦する人にとって、ルールの難解さは大きな壁となることでしょう。特に初心者の場合、「なぜ点が入ったのか分からない」というケースは非常に多く、野球に馴染むまでにどうしても時間がかかってしまいます。こうしたルールの難解さが、野球が海外でなかなか受け入れられない要因の一つになっていることは間違いありません。

理由 3:用具にお金がかかる

子供の間で野球人気が上がらないのには、用具にお金がかかるという点も大きく関係しています。グローブやバットなどは決して安いものではなく、親の経済的状況から野球を諦めてしまうという人も決して少なくはありません。

日本国内でも決して安くない野球用具ですが、外国に行けば輸送費などに伴い値段はさらに高騰します。特にアジアや南米といった発展途上国の子供にとって、用具があまりにも高価な野球は、必然的に縁遠い存在となってしまうのです。

日本の野球競技人口の推移 | 減少を止める打開策はあるのか?

野球競技人口が減少しているのは、「野球大国」の日本も例外ではありません。ここでは日本の野球競技人口の減少がどれほどなのか、具体的な打開策も交えながら解説していきましょう。

大学野球以外は競技人口が減少傾向に

『日本スポーツ協会』によると、少年軟式野球の団員数は令和元年度のデータで約11万7000人いるとされています。これは10年前である平成21年度の約18万人と比較すると、約3分の2にまで減少していることが分かります。

また、同じく令和元年の少年サッカーの団員数は約11万1000人となっており、小学生の競技人口においては、野球とサッカーの間でほとんど差がありません。

大学野球の競技人口こそ多少の増加傾向が見受けられますが、中学、高校、社会人においてはいずれも野球競技人口は大幅に減少しています。特に社会人野球は競技人口減少が著しく、これには不景気を背景に廃部してしまう企業が多いことが関係しています。

日本の野球競技人口が減少する理由

「野球大国」とされる日本でさえ競技人口が減少する理由としては、やはりテレビ中継の激減が考えられます。かつては毎日のように地上波のゴールデンタイムに放映されていたプロ野球ですが、現在は日本シリーズやクライマックスシリーズなどを除き、ほとんど放映されることが無くなってしまいました。

背景としては、野球には制限時間がないことから放送時間が定まらないこと、ゴールデンタイムに見合うだけの視聴率が取れなくなっていることなどが挙げられます。かつてのように家族で食卓を囲みながらプロ野球を観戦するという文化は、もはや完全に失われてしまったと言えるでしょう。

また、昭和の体罰のイメージが払拭しきれないことや、いわゆる「お茶当番」など親への負担が大きいことなども、野球の人気低迷の大きな原因として考えられます。用具が高価であることも相まって、現代において野球はもはや身近なスポーツではなくなっているのが現実です。

野球競技人口の減少を止める打開策

野球人気を復活させる打開策としては、スポーツ根性論からの脱却や資金面の整備など、親の負担を少なくすることがキーポイントとされています。実際、「子供に野球をやらせたくない」という意見は少なくないため、親の負担や不安材料を取り除かない限り、野球の競技人口は必然的に低下してしまうのです。

また、2021年には東京オリンピックで野球が競技種目に復活することが決まっています。地元開催となる東京オリンピックで日本代表が金メダルを獲得すれば、2019年のラグビーのように野球人気の起爆剤になることも十分に考えられるでしょう。

世界の野球競技人口減少を止められる可能性はある

日本のみならず世界的に競技人口数が伸びない野球ですが、その背景にはサッカーという圧倒的人気を誇るスポーツの存在があります。日本でも確実にサッカー競技人口や人気が増えており、サッカーが野球を抜くのはもはや時間の問題と言えるかもしれません。

しかし一方で、プロ野球の観客動員数が年々増加傾向にあるのも事実です。各球団は球場のボールパーク化に積極的に取り組んでおり、女性や子供でも飽きることなく過ごせるような工夫が施されています。野球とは無縁だったファン層が、野球観戦の楽しさに少しでも触れることができれば、野球人気復活の大きなきっかけにもなり得るでしょう。

こうした各球団の対策や東京オリンピックでの野球日本代表の活躍により、「野球王国」日本において野球人気が再燃することが期待されています。

PR10BET JAPANの特徴・プレイ方法・入出金手順を解説ブックメーカー10Betを紹介【3000円ボーナス付】世界的に高い評価を得ている10BET。そんな人気ブックメーカーが日本市場向けとして、新たにオープンしたのが10BET JAPAN(10ベットジャパン)です。日本のプレイヤー向けに…>>続きを読む