凱旋門賞2021のブックメーカーオッズ最新情報を紹介

ブックメーカーでは凱旋門賞2021のオッズが既に公開されています。JRAも直前になると参考オッズとしてブックメーカーのオッズを公開するのでご存じの方も多いと思いますが、ブックメーカーとは欧州の文化として根付いている政府公認の胴元を意味します。イギリスを中心としたヨーロッパでは競馬などスポーツへの賭けは基本的にブックメーカーがオッズを公開しており、現地の競馬ファンそこで賭けを楽しんでいるのです。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で競馬開催にも影響があり、凱旋門賞に日本馬の渡航は難しい状況でした。欧州に滞在していたディアドラが参戦したものの結果は8着。馬場の問題もありましたが、最後にアーモンドアイを凱旋門賞で見たかったというファンも多いはずです。とはいえ、日本ではアーモンドアイが引退し、イギリスではEnable(エネイブル)が引退。2頭の名牝が繁殖入りして2021年は競馬界にとって新たな時代の幕開けとなるはずです。この記事ではそんな2021年の欧州競馬を締めくくる凱旋門賞のブックメーカーオッズ注目される外国馬と日本馬凱旋門賞でお勧めのブックメーカーを紹介していきます。

関連記事凱旋門賞2020をブックメーカーで楽しみたい!日本馬のオッズは何倍?凱旋門賞2020をブックメーカーで楽しんでみた凱旋門賞2020をブックメーカーで楽しみたいと考えている日本の競馬ファンも多いのではないでしょうか。筆者も昨年、初めてロンシャン競馬場へと足を運び凱旋門賞を…>>続きを読む

凱旋門賞2021のブックメーカーオッズ|タルナワが最有力候補に

凱旋門賞2021のブックメーカーオッズ

レースまで1ヶ月を切り、英ブックメーカー最大手として有名なウィリアムヒルでは既にオッズが公開されています。凱旋門賞2021で有力とされている馬をブックメーカーのオッズ順に並べると以下の通りになります。

  • 1位:タルナワ 4.0倍
  • 2位:アダイヤー 4.5倍
  • 2位:スノーフォール 4.5倍
  • 4位:ハリケーンレーン 5.0倍
  • 5位:セントマークスバシリカ 9.0倍
  • 5位:ミシュリフ 9.0倍
  • 7位:クロノジェネシス 13.0倍
  • 8位:ディープボンド 15.0倍
  • 8位:ティオーナ 15.0 倍
  • 10位:ラブ 21.0 倍

日本馬については後で触れるとして、ブックメーカーで有力視されている外国馬を紹介していきます。最も低い4.0倍のオッズが設定されたのは アガ・カーン殿下所有のTarnawa(タルナワ)。3歳時は英オークスで11着と大敗するなど目立った成績を挙げていない同馬ですが、昨年はヴェルメイユ賞、オペラ賞、さらには米G1ブリーダーズCターフで勝利するなど大活躍しました。今シーズンは遅れたものの8月にG3戦で始動し、6馬身半差で圧勝。続くG1愛チャンピオンSでも2着に入ったことにより、着実に調子を上げているタルナワに最も低いオッズが設定されました。凱旋門賞がメイチとなるので本番の走りに大きな期待が懸かります。

4.5倍で2番手となったのがエプソムダービー覇者で、先日のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSを制したAdayer(アダイヤー)。父フランケル、母父ドバウィという超良血の3歳馬で名門ゴドルフィンの所有馬です。オッズ10.0倍前後が設定されていた同馬ですが、キングジョージでラブやミシュリフといった強豪古馬を相手に勝利したことで一気にオッズも下がりました。キングジョージ以前に賭けていた方はお得でしたね。

同じく2番手のオッズが設定されたのが、エネイブル以来となる英愛2カ国でのオークスを勝利したSnow fall(スノーフォール)。日本でも大きな話題となりましたが、スノーフォールは日本のノーザンファームで生産された馬で父はディープインパクトです。ディープの血を欧州に持ち込むためにクールモアが繁殖牝馬を日本に送って種付けした1頭で。英オークスを同レース史上最大となる16馬身差で圧勝し、7月に行われた愛オークスでも8馬身1/2差で快勝。8月に行われたヨークシャーオークスでも古馬を相手に4馬身差を付けて勝利したことで、その強さは確信的なものとなりました。長い間、ブックメーカーのオッズでも1番手にいましたが、トライアルとなるヴェルメイユ賞で2着と敗れたことで2番手に陥落。それでも3歳牝馬が有利の凱旋門賞だけに期待が膨らみます。

5.0倍のオッズが付いた4番手にはゴドルフィン所有のフランケル産駒Hurricane Lane(ハリケーンレーン)が入っています。英ダービー前哨戦となるダンテSで勝利し注目されるも、本番のダービーで3着に敗戦。しかし、続く愛ダービーで自身初となるG1タイトルを獲得すると、凱旋門賞と同じ舞台で行われる3歳G1戦パリ大賞でも圧勝。さらに、日本の菊花賞のモデルとなったイギリスのG1戦セントレジャーSを勝利したことで再度評価を高めています。

9.0倍の5番手がSt Mark’s Basilica(セントマークスバシリカ)。スノーフォールと同じA.オブライエン調教師の管理馬で、今年も名門厩舎が凱旋門賞に向けて着々と有力馬を仕上げていますね。昨年、欧州最優秀2歳馬となったセントマークスバシリカの今季は仏2000ギニーで始動し、続く仏ダービーも勝利し仏クラシック2冠達成。7月のエクリプスSが真価の問われる一戦となりましたが、ここを3馬身半差をつけて勝利したことでオッズも大きく下がりました。先日の愛チャンピオンSも勝利したことでさらにオッズを下げるかと思われましたが、 評価は2着タルナワのほうが高まっています。

2021年のドバイシーマクラシックでそのクロノジェネシスに勝利したMishriff(ミシュリフ) がセントマークスバシリカと並ぶ5番手。今シーズンは初戦となったエクリプスSで3着。続くキングジョージ6世&クイーンエリザベスSで2着、インターナショナルSで1着とイギリスのG1戦で結果を残しており、凱旋門賞でも有力の一頭です。

15.0倍の8番手が前哨戦となるヴェルメイユ賞で圧倒的1番人気スノーフォールを負かしたTeona(ティオーナ)。6月のオークスでは10着に敗れるなど、重賞クラスでは目立った成績をあげていない同馬ですが、凱旋門賞のオッズでトップ10入りを果たしたのもスノーフォールに勝利したからですね。しかし、ラビット役が上手く逃げられずにスローペースとなってしまい、スノーフォール陣営が自滅したのは明らか。凱旋門賞に出走となればティオーナは厳しい戦いとなりそうです。

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、インターナショナルSの敗戦でクロノジェネシスより下の21.0倍に評価を下げたのがLove(ラヴ)です。昨シーズンに英1000ギニー、英オークス、ヨークシャーオークスとG1戦3連勝を飾り凱旋門賞への出走を予定するも、道悪を理由に回避した(その後オブライエン厩舎は薬物検出により全頭回避)最強牝馬ラブは今年も名門オブライエン厩舎のエース格のはずでしたが、今シーズンはG1戦プリンスオブウェールズSで始動してここを問題なく勝利するも、キングジョージとインターナショナルSで連敗となりました。9月にはG2戦に出走するもここでも2着に敗戦。厳しい状況と言わざるを得ません。

関連記事ブックメーカー競馬の基本情報2021年版|日本競馬との違いを比較ブックメーカー競馬の基本情報2021年版ブックメーカーと競馬は密接な関係にあります。イギリスのニューマーケット競馬場が発祥とされるブックメーカーは競馬と共にイギリスやヨーロッパを代表する文化に成長してきました…>>続きを読む

日本馬の凱旋門賞2021ブックメーカーオッズは?

日本競馬界の悲願と言われる凱旋門賞。世界中に権威あるG1レースはたくさんあり、その多くを日本馬が勝利していますが、伝統もあってかホースマンが固執するのがこの凱旋門賞です。エルコンドルパサー、ディープインパクト、オルフェーヴルといった日本競馬史に名を残す名馬たちですら手が届かない凱旋門賞を「今年こそ」という気持ちで待ち望んでいる競馬ファンも多いはずです。

昨年は新型コロナウイルスの影響もあり、欧州への長期遠征をしていたディアドラが挑みましたが結果は8着に敗れました。レース後すぐに上位でオッズが公開されたのが日本の三冠牡馬コントレイルでしたが、管理する矢作師が大阪杯で始動し宝塚記念→天皇賞→ジャパンC→有馬記念で引退と言うローテーションを発表。ブックメーカーもリストから名を取り下げました。今年は何頭が出走するのか気になるところですが、2021年シーズン開幕前の段階ではブックメーカーの凱旋門賞2021オッズに2頭の日本馬が名を連ねているので紹介していきます。

クロノジェネシス

オッズ13.0倍で凱旋門賞7番手となっているのが5歳牝馬のクロノジェネシス。昨年は宝塚記念と有馬記念というビッグレースを2勝し、JRA特別賞を受賞した馬です。引退というストーリー性もあってアーモンドアイに年度代表馬、最優秀4歳以上牝馬の座を譲りましたが、獲ったタイトルだけを考えればこの馬が年度代表馬に選出されても不思議はない活躍でした。2500mの有馬記念を勝利したことで距離適性は証明済。ドバイ遠征はラヴズオンリーユーとぶつかる不利がありながらも2着に入り、海外輸送も問題なさそうです。京都記念や宝塚記念を重い馬場で勝利しているので、凱旋門賞への適正にも期待が懸かります。

ディープポンド

8番手となる15.0倍のオッズが設定されたのがディープポンド。オーナーが凱旋門賞出走を名言しており、順調にいけば祖父ディープインパクト(3着入線)、父キズナ(4着)に続き親子3代での凱旋門賞出走となります。重馬場での阪神大賞典を勝利しており、距離や力のいる馬場に対しての適正は既に証明済みでしたが、凱旋門賞の前哨戦となるフォワ賞を逃げきり勝ちしたことによりそれが確かなものに。海外での評価も上がり、フォワ賞の後にオッズが大きく下がりました。皐月賞10着、ダービー5着、菊花賞4着とクラシックタイトルを手にすることはできなかったですが、日本競馬界の悲願である凱旋門賞に向けて楽しみな1頭です。祖父と父が成し得なかった夢を、ディープポンドが受け継ぎます。

関連記事ウィリアムヒルの特徴と登録・入出金方法を解説凱旋門賞で人気のウィリアムヒルを紹介1934年創立の老舗ブックメーカーで、業界最大手として知られるウィリアムヒル。スポーツ振興でも大きな役割を担っており、数多くの大会やチームのスポンサーを務めていることから…>>続きを読む

凱旋門賞2021前哨戦の結果とブックメーカーオッズ

凱旋門賞2021の前哨戦が現地時間の9月12日にロンシャン競馬場で行われました。3歳戦のG2ニエル賞、3歳以上牝馬限定戦G1ヴェルメイユ賞、古馬限定G2フォワ賞は凱旋門賞へと続く重要なレースで、日本からはフォワ賞にディープボンドが出走。他にもディープインパクト産駒として日本でも人気のスノーフォールがヴェルメイユ賞、キーファーズの松島オーナーが所有するブルームがフォワ賞に出走するなど、注目度の高い前哨戦となりました。それでは、凱旋門賞2021前哨戦の結果とブックメーカーオッズを紹介していきます。

ニエル賞

  1. Bubble Gift(バブルギフト)
  2. Baby Rider(ベイビーライダー)
  3. Timour(ティムール)

凱旋門賞と同じ芝2400mで行われる3歳限定戦ニエル賞はバブルギフトがハナ差を制して勝利しました。このレースでは前走G2戦ギヨームドルナーノ賞で2着と好走したPretty Tiger(プリティタイガー)が単勝1.8倍に支持されていましたが、直線で後退。最後方でレースを進めたバブルギフトが先に抜け出たベイビーライダーを差し切るという内容でした。同馬にとってはG2戦オカール賞以来の重賞勝利となりました。

ヴェルメイユ賞

  1. Teona(ティオーナ)
  2. Snowfall(スノーフォール)
  3. La Joconde(ラジョコンダ)

こちらも凱旋門賞と同じ芝2400mで行われる牝馬限定戦G1ヴェルメイユ賞。このレースにはノーザンファーム生産馬で英愛オークスを制したスノーフォールが出走しました。単勝1.2倍と圧倒的1番人気に支持されたスノーフォールはいつも通り後方からの競馬で直線勝負を狙いましたが、レースはスローペースで先行有利の展開に。好位から抜け出した単勝18.9倍のティオーナを捕まえきれずに、スノーフォールは2着とまさかの敗戦になりました。勝利したティオーナはR.ヴァリアン師の管理馬で鞍上は日本でもお馴染みO.ペリエ騎手。この勝ち馬も凱旋門賞への出走を検討しているようです。

フォワ賞

  1. ディープボンド
  2. Broome(ブルーム)
  3. Iresine(イレシネ)

凱旋門賞への出走を明言している日本調教馬ディープボンドが出走したフォワ賞。単勝オッズ9.5倍と7頭立て6番手のオッズでしたが、日本馬の実力を見せつける結果となりました。好スタートでハナを切るとペースを握り、鞍上のC.デムーロ騎手の手腕もあり狙い通りのスローペースに持ち込みます。体力に余裕のあるまま直線に入ったディープボンドは脚を伸ばして勝利。そこから1馬身半差の2着には松島オーナー所有のブルームが入りました。2013年に父であるキズナがニエル賞を勝利して凱旋門賞へと出走。同じようにトライアルを制して凱旋門賞2021に挑むディープボンドにも大きな期待が掛かります。

凱旋門賞2021でオススメのブックメーカー3選

ここまでは凱旋門賞2021のブックメーカーオッズや注目馬について紹介してきました。相変わらず新型コロナウイルスが落ち着かないのでどうなるのか不透明な部分がありますが、2021年こそ複数頭の日本馬が参戦できることを祈っています。

日本の競馬メディアでも海外競馬が取り上げられる機会も増え、ブックメーカーで日頃から海外競馬を楽しんでいる人は増加傾向にあるようです。ブックメーカーに興味はあるけどまだ手を出していないという人も多いと思いますが、そういった競馬ファンにとって凱旋門賞2021は絶好なデビューの機会と言えるはず。日本馬を応援するも良し、クールモアやゴドルフィンなど好きなチームの馬を買うも良し、ぜひ競馬の発祥国であるイギリスの競馬ファンの文化を楽しんでみてください。

ちなみに、ブックメーカーでは昨年のレースが終了した時点から凱旋門賞2021の発売が開始されています。出走馬が確定していない分、オッズが高く設定されていることが魅力であり、直前ではオッズ2倍程度が予想される実力馬も10倍以上のオッズで賭けることが可能です。「絶対にこの馬がくる!」と応援している馬がある人は、ブックメーカーで高いうちに賭けるのは1つの作戦。なお、ブックメーカーは世界中にたくさんありますが、政府公認のライセンスで営業し、かつ運営会社が信頼できるところに登録しなければなりません。当サイトでは運営会社を厳しい審査基準で調査し、実際に担当者と話して信頼できると判断した安心・安全のブックメーカーのみを掲載しております。最後に凱旋門賞2021でお勧めのブックメーカー3戦を紹介しますので、何かトラブルがあった際には、お気軽にお問い合わせください。

1

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルウィリアムヒル

業界最大手の高い信頼性、ブックメーカーの代名詞

トッテナム・ホットスパーのスポンサーとしても知られる、1934年創立の老舗。イギリスを中心に欧州では圧倒的な知名度を誇り、豊富なマーケット数は圧巻の一言です。英国紳士に長く愛される業界最大手ブックメーカー。

2

10ベットジャパン

10ベットジャパン10ベットジャパン

世界で高い人気を誇る万能型

セリエAのユヴェントスとパートナーシップを結ぶ世界的人気ブックメーカー。日本のプレイヤー向けにカスタマイズされた10BET JAPANは使いやすく、日本語サポート・出金スピード共にトップクラスの質を誇ります。

3

スポーツベット.io

スポーツベット.ioスポーツベット.io

時代の先駆者、暗号通貨系ブックの最高峰

ワトフォードFCのスポンサーとして有名なスポーツベットアイオーは、暗号通貨系ブックメーカーの代名詞とも言える存在。ストリーミング・日本語サポート・入出金とすべてが一級品で、初心者から上級者まで納得のブックです。

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。ぜひ参考にしてみてください。