凱旋門賞2022のブックメーカーオッズと結果を紹介|アルピニスタが優勝

凱旋門賞2022のオッズがブックメーカーでも公開されて注目を集めています。JRAも直前になると参考オッズとしてブックメーカーのオッズを公開するので日本の競馬ファンの間でも既にお馴染みですね。イギリスを中心としたヨーロッパでは競馬などスポーツへの賭けは基本的に政府がライセンスを発行した民間企業が胴元となっており、その企業やギャンブルのことをブックメーカーと呼んでいます。凱旋門賞2022などオッズを公開しているのもブックメーカーです。

凱旋門賞はフランスのパリに位置するロンシャン競馬場で施行される芝2400mのG1競走。日本競馬に携わるホースマンたちが夢見るクラシックディスタンスの距離で世界最高とされるレースです。新型コロナウイルス感染拡大も少しずつ落ち着いてきた昨年はクロノジェネシス(7着)、ディープボンド(14着)の日本馬2頭が参戦するも勝利ならず。日本競馬を牽引してきたクロノジェネシスが昨年の有馬記念で引退したため、新しい馬たちに凱旋門賞挑戦のバトンが受け渡されました。この記事では2022年の欧州競馬を締めくくる凱旋門賞のブックメーカーオッズやレース結果、注目される外国馬と日本馬凱旋門賞でお勧めのブックメーカーを紹介していきます。

凱旋門賞2022はアルピニスタが優勝|85年ぶりの偉業達成

  • 1着:Alpinista(アルピニスタ) 4.3倍
  • 2着:Vadeni(ヴァデニ) 8.8倍
  • 3着:Torquator Tasso(トルカータータッソ) 9.1倍
  • 4着:Al Hakeem(アルハキーム) 21.0倍
  • 5着:Grand Glory(グランドグローリー) 55.0倍
  • 6着:Westover(ウエストオーバー) 11.0倍
  • 7着:Luxembourg(ルクセンブルク) 5.9倍
  • 8着:Broome(ブルーム) 87.0倍
  • 9着:Alenquer(アレンカー) 67.0 倍
  • 10着:Onesto(オネスト) 12.0倍
  • 11着:タイトルホルダー 10.0倍
  • 12着:Mendocino(メンドシーノ) 34.0倍
  • 13着:Mishriff(ミシュリフ) 34.0倍
  • 14着:ステイフーリッシュ 56.0倍
  • 15着:Mare Australis(マレオーストラリス)60.0倍
  • 16着:Sealiway(シリウェイ) 49.0倍
  • 17着:Bubble Gift(バブルギフト) 56.0倍
  • 18着:ディープボンド 53.0倍
  • 19着:ドウデュース 25.0倍
  • 20着:Mostahdaf(モスターダフ) 57.0倍

現地時間10月2日、フランスのロンシャン競馬場で芝2400mのG1凱旋門賞が行われました。予報通り雨が降る中で馬場状態は重となり、日本馬4頭にとっては非常に難しい馬場と言わざるを得ない状況に。そんな中で行われた101回目の凱旋門賞を制したのは5歳牝馬のアルピニスタでした。

ゲートが開き積極的にハナを切ったのは日本のタイトルホルダー。そこに2番手で追走したのがブルーム、さらに内にアルハキーム、外にディープボンドが続いて先行集団を形成。ブックメーカーオッズ1番手のアルピニスタがその後ろ、同じく有力視されているルクセンブルクはアルピニスタを見るような形で中団に着けました。

タイトルホルダーを先頭に残り400mを迎えると、横山和生騎手の懸命な鞭に応えようとタイトルホルダーも逃げますが、2番手まで上がっていたアルピニスタはノーステッキでまだ余力十分。さらにヴァデニが中団から伸びてきて、昨年の勝ち馬トルカータータッソが名手デットーリの鞭に反応して追い込みます。

勝負はこの3頭に絞られますが、最後は先に抜け出したアルピニスタが半馬身先着して優勝。2着には地元フランスのヴァデニが入り、そこからクビ差の3着はトルカータータッソとなりました。勝ったアルピニスタは5歳牝馬として凱旋門賞85年ぶりの勝利という偉業を達成。2018年のエネイブル以来となるイギリス調教馬の勝利です。

ちなみに、日本馬はタイトルホルダーが11着、ステイフーリッシュが14着、ディープボンドが18着、ドウデュースが19着と惨敗。馬場が不利に働いたのはありますが、凱旋門賞は重馬場になることが多いので陣営も予想していたはず。残念な結果となりました。

関連記事凱旋門賞2021をブックメーカーで楽しみたい!日本馬のオッズは何倍?凱旋門賞2021はブックメーカーでこそ楽しめる凱旋門賞2021をブックメーカーで楽しみたいと考えている日本の競馬ファンも多いのではないでしょうか。筆者も昨年、初めてロンシャン競馬場へと足を運び凱旋門賞を…>>続きを読む

凱旋門賞2022出走馬・枠番・馬番・斤量・騎手が決定|海外オッズに影響も

凱旋門賞2022の出走馬・枠番・馬番・斤量・騎手が公式から発表されました。今年は20頭が出走を予定しており、日本から参戦するドウデュースは3枠、ディープボンドは5枠と内枠有利の凱旋門賞では絶好の枠番を抽選で引き当てましたね。タイトルホルダーは10枠とまずまずのゲート番。ルメール騎手が騎乗するステイフーリッシュは大外の20枠と厳しいゲートとなりました。ブックメーカーオッズにも影響が出ているので、後ほど最新情報をご確認ください。ちなみにフランスでは日本と違い馬番と枠番は異なります。ブックメーカーで馬券購入の際にはお間違いのないよう注意が必要です。それでは、凱旋門賞2022の出走馬・枠番・馬番・斤量・騎手を一覧で紹介します。

枠番馬番性齢斤量馬名騎手
110牡459.5kgメンドシーノR.ビーチュレク
215牡356.5kgヴァデニC.スミヨン
319牡356.5kgドウデュース武豊
416牡356.5kgアルハキームC.デムーロ
56牡559.5kgディープボンド川田将雅
614牝558.0kgアルピニスタL.モリス
718牡356.5kgウエストオーバーR.ホーンビー
820牡356.5kgルクセンブルクR.ムーア
913牝658.0kgグランドグローリーM.ギュイヨン
1011牡459.5kgタイトルホルダー横山和生
1117牡356.5kgオネストS.パスキエ
125牡459.5kgアレンカーT.マーカンド
1312牡459.5kgバブルギフトO.ペリエ
147牡659.5kgブルームW.ローダン
154牡459.5kgシリウェイM.バルザローナ
169牡459.5kgモスタダフJ.クローリー
171牡559.5kgミシュリフW.ビュイック
182牡559.5kgトルカータータッソL.デットーリ
193牡559.5kgマレオーストラリスB.ムルザバエフ
208牡759.5kgステイフーリッシュC.ルメール
凱旋門賞2022出走馬の馬名・枠順・馬番・斤量・性齢・斤量一覧

凱旋門賞2022のブックメーカーオッズ|アルピニスタが最有力

凱旋門賞2022のブックメーカーオッズ

英ブックメーカー最大手として有名なウィリアムヒルでは公開されていたオッズと出走馬を紹介します。凱旋門賞2022で最有力候補として見られていた無敗の英ダービー馬、デザートクラウンは脚部不安により来年のドバイまで全休を発表。同じく有力馬の無敗の王者バーイードは英チャンピオンSを目標に切り替えました。注目馬の相次ぐ回避は残念ではありますが、それにより凱旋門賞のブックメーカーオッズは本番直前で大きくラインナップが変わりましたね。ブックメーカーのオッズ順に並べると以下の通りになりました。

  • 1位:アルピニスタ 5.5倍
  • 2位:ルクセンブルク 6.0倍
  • 3位:トルカータータッソ 8.5倍
  • 4位:ヴァデニ 9.0倍
  • 5位:タイトルホルダー 11.0倍
  • 5位:オネスト 11.0倍
  • 7位:ウエストオーバー 11.0倍
  • 8位:アルハキーム 12.0倍
  • 9位:ドウデュース 26.0倍
  • 9位:ミシュリフ 26.0倍

日本馬については後で触れるとして、凱旋門賞2022ブックメーカーオッズで有力視されている外国馬を紹介していきます。下記の順番はブックメーカーの前売りオッズ順となっており、直前の変動で順番が入れ替わる可能性がありますので、お気をつけください。(※10月2日当日の変動でアルピニスタに最も低いオッズが設定されました)

最も低い4.3倍のオッズが設定されたのはA.オブライエン厩舎の3歳馬Luxembourg(ルクセンブルク)。ついに名門厩舎の期待馬が凱旋門賞オッズ1番手に登場です。2歳時にG1戦フューチュリティSを勝利し、3歳クラシックでも注目されてきた素質馬ですが、筋肉のトラブルで本命とされていた英ダービーを回避。しかし、休養からの復帰戦となったG3戦ロイヤルホイップSをステップに9月10日に行われたG1愛チャンピオンSを勝利したことで、ブックメーカーオッズ1位にランクインしました。エクリプスSを勝利したヴァデニを負かすなど前走での相手関係も十分。名手R.ムーアを鞍上に凱旋門賞のタイトルを狙います。

2番手となる6.0倍のオッズは5歳牝馬で芦毛のAlpinista(アルピニスタ)。ベルリン大賞、オイロパ賞、バイエルン大賞と昨年はドイツのG1戦線で活躍し、今年はサンクルー大賞、ヨークシャーオークスと連勝。現在G1戦5連勝中と世界的に注目される1頭です。例年ならドイツでの成績は軽視されても不思議ではないですが、昨年の凱旋門賞でドイツ調教馬トルカータータッソが勝利しただけに、今年は要注目の存在としてアルピニスタも警戒されているようです。鞍上のモリス騎手が「一生に一度の名馬」と絶賛する馬で、距離適性、実績共に十分。凱旋門賞2022のブックメーカーオッズで上位なのも納得です。

3番手は昨年の勝ち馬Torquator Tasso(トルカータータッソ)。凱旋門賞を制してクラシックディスタンスを代表する1頭になったトルカータータッソですが、今シーズン初戦となったバーデン経済大賞で6着と敗戦。続くG2戦ハンザ大賞は勝利したものの、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSではパイルドライヴァーの2着と思うような結果を残せていません。それでもロンシャンの重馬場適正は昨年の凱旋門賞で証明済み。また、世界屈指の名手デットーリ騎手が鞍上に決まるなどプラスとなる条件が整いつつあります。今年の勢いは物足りなく感じるかもしれませんが、納得のオッズと言えそうです。

タイトルホルダーと並ぶ9.0倍のオッズが設定された4番手がVadeni(ヴァデニ)。アガ・カーン殿下の所有馬でフランスのJC.ルジェ調教師が管理するヴァデニは、仏ダービーことジョッケクルブ賞を5馬身差で快勝すると、7月に行われた3歳馬と古馬が激突するG1戦エクリプス賞で勝利したことで一気に凱旋門賞の有力候補に名乗りをあげました。英国のG1であるエクリプス賞を勝利するのは1960年の勝ち馬ジャブローから62年ぶりとなる快挙。しかも2着馬はドバイシーマクラシックや英インターナショナルSといった大レースを勝っているミシュリフですからその強さは本物です。陣営が中距離路線専念を明言して回避が濃厚だったのですが、なんと天気予報で良馬場が予想されたため一転して出走を決意。未経験の距離だけに不安はありますが、魅力ある一頭ですね。

6番手となる10.0倍がジュドモントの3歳牡馬Westover(ウエストオーバー)。英ダービーでは不利を受けながら3着に入った同馬ですが、続く愛ダービーで7馬身差をつけて勝利したことにより凱旋門賞のオッズで一時期は2番手にまで上がりました。キングジョージ6世&クイーンエリザベスSで5着に敗れたことにより評価は下げましたが、同馬を管理するR.ベケット師によれば、この馬はまだまだ成長途中なようで本格化はまだ先のこと。また、ウエストオーバーを所有するジュドモントは過去にワークフォースで同じローテを踏み凱旋門賞を勝利。日本でも繋養された名馬の再現が期待されます。

13.0倍の7番手はOnesto(オネスト)はフランケル産駒の3歳牡馬で、凱旋門賞と同じロンシャンの2400mで施行されるパリ大賞を制しています。当初ニエル賞に出走を予定していたオネストですが、愛チャンピオンSに出走。格上挑戦と見られていましたが、ルクセンブルクと見事な叩き合いを演じて2着と好走しています。この結果を受け、ブックメーカーオッズでも評価を上げました。

8番手の26.0倍が名牝トレヴなどでお馴染みアルシャカブレーシングの所有馬であるAl Hakeem(アルハキーム。仏ダービーで4着と敗れるも、続くギヨームドルナーノ賞で重賞タイトルを獲得した馬ですが、凱旋門賞という世界最高峰のレースでは格が一枚落ちる印象。距離への不安などは拭えませんが、フランス競馬界の名伯楽JC.ルジェ師が勝算無くして凱旋門賞への出走を決意する可能性は低いと思われます。軽視はできません。

ドウデュースと並ぶ9番手がドイツ調教馬のMendocino(メンドシーノ)。昨年の凱旋門賞でトルカータータッソを勝利に導いたピーチュレク騎手が主戦契約の関係で今年はメンドシーノに騎乗します。人気薄ではありますが、今年のバーデン大賞を勝利するなどドイツを代表する一頭であることは確かです。連覇を成し遂げれば偉業となるだけにピューチュレク騎手も一発を狙うはず。こちらも楽しみな一頭です。

関連記事ブックメーカー競馬の基本情報2022年版|日本競馬との違いを比較ブックメーカー競馬の基本情報2022年版ブックメーカーと競馬は密接な関係にあります。イギリスのニューマーケット競馬場が発祥とされるブックメーカーは競馬と共にイギリスやヨーロッパを代表する文化に成長してきました…>>続きを読む

日本馬の凱旋門賞2022登録馬とブックメーカーオッズ

凱旋門賞2022のブックメーカーオッズで気になるのはやはり日本馬のオッズです。日本競馬界の悲願と言われる凱旋門賞にはこれまでエルコンドルパサー、ディープインパクト、オルフェーヴルといった日本競馬史に名を残す名馬たちが挑戦してきましたが、大きく異なる馬場やコースの影響は大きく未だに手が届いていません。

さて、今年は何頭の日本調教馬が凱旋門賞を見据えているのか気になるところですが、5月にJRAより発表された凱旋門賞2022日本調教馬の登録では今年は7頭が登録されていましたが、シャフリヤール、パンサラッサ、ユニコーンライオンの3頭が回避。JRAが発表した最新の2022凱旋門賞(G1)の勝馬投票券発売では4頭の出走予定馬が発表されています。

  • ステイフーリッシュ‐矢作芳人厩舎(栗東)
  • タイトルホルダー‐栗田徹厩舎(美浦)
  • ディープボンド‐大久保龍志厩舎(栗東)
  • ドウデュース‐友道康夫厩舎(栗東)

もちろん陣営の決定次第で今後回避する馬も出てきますが、2022年の凱旋門賞に登録した日本馬のブックメーカーオッズを紹介していきます

タイトルホルダー

オッズ9.0倍でブックメーカーオッズ4番手となっているのが4歳牡馬のタイトルホルダー横山武史騎手を鞍上に菊花賞を勝利したタイトルホルダーは、兄である横山和生騎手に乗り替わると抜群の相性で日本のトップホースへと成長しました。今年は日経賞で始動すると、続く天皇賞・春、宝塚記念を素晴らしい走りで勝利。凱旋門賞への出走を待ち望む声が国内外から聞こえます。逃げて良し、宝塚記念のようにペースが速ければ番手でも良しといったスタイルはまさにロンシャンに最適で、かつて凱旋門賞への出走が熱望されながらも叶わなかったキタサンブラックを彷彿とさせます。父ドゥラメンテも故障により引退を余儀なくされましたが、競馬ファンにとっては凱旋門賞で見たかった馬の1頭。凱旋門賞へは現地でのステップレースは挟まず、日本から凱旋門賞に直行します。ちなみに、凱旋門賞2022に出走する馬の中で、最も高いレーティングをワールドベストレースホースランキングで持つのが、このタイトルホルダーとなります

ドウデュース

29.0倍でブックメーカーオッズ9番手が3歳牡馬のドウデュース。朝日杯FSを勝利してJRA最優秀2歳牡馬に選出されたドウデュースは、弥生賞(2着)をステップに皐月賞に挑むもジオグリフの3着に敗れます。しかし、続く日本ダービーでは後方からレースを進めると直線で差し切って勝利。3歳牡馬として最大のタイトルを手に入れました。ドウデュースは武豊騎手で凱旋門賞勝利を夢見るキーファーズ所有の馬で、凱旋門賞にも鞍上は武豊騎手で向かうはず。イギリスでも好走したハーツクライを父に持つだけに血統面でも魅力的ですね。9月11日に行われた前哨戦G2ニエル賞では4着と残念な結果に。1戦使ってどこまでロンシャンの馬場に対応できるかがカギとなります。

ディープボンド

ドウデュースから大きく開いて81.0倍のオッズが付いたのが5歳牡馬のディープボンドです。昨年は凱旋門賞で14着と惨敗に終わりましたが、今年も早くから渡仏を見据えて動いています。昨年はM.バルザローナ騎手を鞍上に迎えましたが、今年は川田将雅騎手へと替ります。本来であれば主戦を務める和田竜二騎手で挑んでもらいたいところですが、海外での騎乗経験を踏まえて川田騎手ということでしょう。今年も阪神大賞典を勝利し、天皇賞・春で2着に好走するなど日本を代表するステイヤーであることは間違いなし。ロンシャンは力の必要な馬場・コースですし、2年連続で挑むのは陣営が適正を感じている証です。

ステイフーリッシュ

最高オッズとなる101.0倍のオッズが付いたのがステイゴールド産駒の7歳牡馬ステイフーリッシュ。7歳となりましたが衰えは全く感じられず、今年はサウジアラビアでレッドシーターフハンデキャップ、ドバイでドバイゴールドCと海外重賞で2勝。遠征はむしろ歓迎といったタフな馬です。他の日本馬よりも先に現地入りしたステイフーリッシュは8月28日にドーヴィル大賞へと出走し2着という結果で、これから更に調子を上げていくことでしょう。枠順発表で大外となってしまったのは不運ですが、管理するのは海外レースで実績のある矢作先生。オッズ以上の期待が持てそうです。

関連記事PINNACLEの特徴と登録・入出金方法を解説凱旋門賞で人気のピナクルを紹介PINNACLE(ピナクル)は世界的に人気のブックメーカーで、1998年に設立と非常に長い歴史を持ちます。ピナクルはスポーツだけでなくカジノやeスポーツにも力を入れている企業として有名…>>続きを読む

凱旋門賞2022前哨戦・参考レースの結果

凱旋門賞2022の前哨戦が現地時間の9月11日にフランス・ロンシャン競馬場で行われました。3歳戦のG2ニエル賞、3歳以上牝馬限定戦G1ヴェルメイユ賞、古馬限定G2フォワ賞は凱旋門賞へと続く国内を代表する前哨戦で、他にも8月にイギリスで行われるヨークシャーオークスや、アイルランドで9月に行われる愛チャンピオンSなども凱旋門賞に繋がるステップレースとして知られています。今年は日本から凱旋門賞に出走を予定している友道厩舎のドウデュースがニエル賞に出走。今回の遠征に帯同している僚馬のマイラプソティがフォワ賞に出走しました。それでは、凱旋門賞2021前哨戦の結果を紹介していきます。

ニエル賞

  1. シムカミル
  2. ラッソー
  3. トゥルーテスタマン

凱旋門賞と同じ芝2400mで行われる3歳限定戦ニエル賞はシムカミルが勝利しました。凱旋門賞を見据えて参戦したドウデュースは好スタートを切るも後方からの競馬で最後は思うように伸びずに7頭立ての4着に敗れています。優勝したシムカミルは追加登録料が必要となる中でも凱旋門賞への出走が期待されましたが、本番への出走は断念した模様。しかし、ジャパンカップへの出走を陣営が発表するなど日本の競馬ファンにとっては嬉しいニュースも入ってきました。ドウデュースは残念な結果に終わりましたが、初めての欧州遠征であることを考えれば想定内。本番ではダービーで見せてくれたような走りを期待したいと思います。

ヴェルメイユ賞

  1. スウィートレディ
  2. ライラックロード
  3. ラパリジェンヌ

こちらも凱旋門賞と同じ芝2400mで行われる牝馬限定戦G1ヴェルメイユ賞。このレースを制したのは4歳牝馬のスウィートレディでした。英オークス馬チューズデーが参戦するなど決して簡単ではないレースでしたが、ここを勝ったスウィートレディの評価も急上昇。陣営によれば特に重馬場を得意としているようで、馬場が重くなりやすい凱旋門賞への出走も前向きに検討しているようです。ヴェルメイユ賞はサンクルー大賞から休養明けでの金星となり、1戦使ったことで本番の凱旋門賞2022では更に良い状態で挑めそう。出走の可否に注目が集まります。

フォワ賞

  1. イレジーン
  2. バブルギフト
  3. ベリーエレガント

日本からマイラプソティが出走したフォワ賞。昨年はディープボンドが勝利したレースとして記憶しているファンも多いと思います。オーストラリアから移籍してきたベリーエレガントや昨年の凱旋門賞にも出走したバブルギフトなどが出走したこのレースを制したのはセン馬のイレジーン。素晴らしい末脚を披露したこの馬にも凱旋門賞への出走を期待したいところですが、凱旋門賞はセン馬の出走ができません。ちなみにマイラプソティは6頭立ての6着に敗れています。

凱旋門賞2022でオススメのブックメーカー3選

ここまでは凱旋門賞2022のブックメーカーオッズや注目馬について紹介してきました。日本馬の出走は4頭で決定。馬場状態は重く、厳しい戦いが予想されそうですが、どうにか今年こそという気持ちで応援していきたいと思います。

日本の競馬メディアでも海外競馬が取り上げられる機会も増え、ブックメーカーで日頃から海外競馬を楽しんでいる人は増加傾向にあるようです。ブックメーカーに興味はあるけどまだ手を出していないという人も多いと思いますが、そういった競馬ファンにとって凱旋門賞2022は絶好なデビューの機会と言えるはず。日本馬を応援するも良し、クールモアやゴドルフィンなど好きなチームの馬を買うも良し、ぜひ競馬の発祥国であるイギリスの競馬ファンの文化を楽しんでみてください。

ちなみに、ブックメーカーでは昨年のレースが終了した時点から凱旋門賞2022の発売が開始されています。出走馬が確定していない分、オッズが高く設定されていることが魅力であり、直前ではオッズ2倍程度が予想される実力馬も10倍以上のオッズで賭けることが可能です。「絶対にこの馬がくる!」と応援している馬がある人は、ブックメーカーで高いうちに賭けるのは1つの作戦。なお、ブックメーカーは世界中にたくさんありますが、政府公認のライセンスで営業し、かつ運営会社が信頼できるところに登録しなければなりません。当サイトでは運営会社を厳しい審査基準で調査し、実際に担当者と話して信頼できると判断した安心・安全のブックメーカーのみを掲載しております。最後に凱旋門賞2022でお勧めのブックメーカー3戦を紹介しますので、何かトラブルがあった際には、お気軽にお問い合わせください。

1

ピナクル

ネットベットネットベット

オッズの高さが魅力、上級者向けブックメーカー

PINNACLEは業界最高峰のオッズとアービトラージ歓迎で世界中の上級者プレイヤーを魅了する大人気ブックメーカー。高額ベットや投資目的のプレイヤーには必須で、特にオッズの高さは賭け条件3倍でも納得のハイアベレージ。

2

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルウィリアムヒル

業界最大手の高い信頼性、ブックメーカーの代名詞

トッテナム・ホットスパーのスポンサーとしても知られる、1934年創立の老舗。イギリスを中心に欧州では圧倒的な知名度を誇り、豊富なマーケット数は圧巻の一言です。英国紳士に長く愛される業界最大手ブックメーカー。

3

Kakerin

Kakerin

10betが日本市場向けリニューアル

過去にはセリエAのビッグクラブとパートナーシップを結んだ経験を持つ世界的人気ブックメーカー10betが日本市場向けに賭けっこリンリンをオープン。日本語サポート・出金スピード共にトップクラスの質を誇ります。

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。ぜひ参考にしてみてください。