「RTS」とはどんなeスポーツジャンル?魅力やおすすめのタイトルを徹底解説

ゲームの腕を競い合うeスポーツには様々なジャンルが存在しますが、その中の1つである「RTS」というゲームジャンルをご存知でしょうか?日本ではあまり聞き馴染みのないゲームジャンルですが、海外ではRTSが持つ戦略性の奥深さに多くのプレイヤーが熱中し、大規模なeスポーツ大会がいくつも開催されているほどの人気を誇っています。

リーグ・オブ・レジェンド(LoL)などで人気のゲームジャンル「MOBA」と並べられることの多い「RTS」ですが、実際はどのようなゲームなのでしょうか?この記事では、eスポーツジャンルの1つである「RTS」の基本的なゲーム性や魅力をわかりやすく解説します。 初めてのRTSにおすすめのタイトルや人気のRTSタイトルも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

eスポーツの人気ジャンル「RTS」とは?

まず始めに、RTSとはどのようなゲームジャンルなのかを詳しく見ていきましょう。

RTSとはリアルタイムストラテジーの略称

RTSはリアルタイムストラテジー(Real Time Strategy)の略称で、ストラテジーという英語には「戦略・策略」といった意味があります。 つまり、RTSとは将棋やチェスのようにリアルタイムで盤面が変わる戦略ゲームのことを指します。ただし、RTSは将棋やチェスのようにターン制ではないためじっくりと考えることはできず、常に移り変わる戦況を瞬時に判断していく必要があります。

RTSではプレイヤーは複数のキャラクターをリアルタイムで同時に操作し、敵拠点の破壊・制圧を目指します。 プレイヤーが操作するキャラクターの数は5人であったり10人であったりとプレイするタイトルによって様々です。直感的な操作が生み出すリアルタイムの戦況でしか味わえない臨場感と、相手と繰り広げられる戦略のぶつけ合いがRTSの魅力となっています。

MOBAとの違いとは?

同じくeスポーツの人気ジャンルであるMOBAは、もともとRTSから派生したゲームジャンルです。 そのためRTSとMOBAは並べて語られることもあり、実際キャラクターを操作して敵拠点の破壊・制圧を目指すという点ではゲーム性もよく似ています。

しかし両者には明確な違いが1つあります。それはゲームに参加するプレイヤーの「人数」です。 RTSでは1人のプレイヤーが自チームのキャラクターを全て操作するのに対し、MOBAでは自チームのキャラクターをそれぞれのプレイヤーが個別に操作します。 つまり、RTSは個人戦、MOBAは団体戦で行うゲームということになるわけです。

eスポーツRTSの元祖と呼ばれるタイトル

現在様々なタイトルがリリースされ大変な人気を博しているRTSジャンルには、その人気を古くから支えてきた元祖RTSと呼ばれるタイトルが存在します。 それが1998年にリリースされた「StarCraftⅡ(スタークラフト2)」です。

StarCraftⅡはアメリカのブリザードエンターテイメントが運営するPCゲームで、SFの世界が舞台のRTSです。 プレイヤーはテラン・ザーグ・プロトスの3種族からいずれか1つを選択して操作し、敵種族の拠点を破壊することで勝利となります。リリースから20年以上も遊ばれている作品ですが、2018年にはジャカルタで行われたアジア競技大会のeスポーツ部門で公式種目に選出されるなど、今なおeスポーツシーンを牽引するRTSの代表的なタイトルです。

eスポーツに採用されている主要なRTSタイトルを紹介

RTSにはStarCraftⅡ以外にも魅力的なタイトルが数多く存在します。 ここでは、その中でもeスポーツに採用されている主要なタイトルを3つ紹介しましょう。

  • クラッシュ・ロワイヤル
  • WarcraftⅢ
  • Age of Empiresシリーズ

クラッシュ・ロワイヤル

クラッシュ・ロワイヤルはフィンランドのSupercellが開発、2016年にリリースしたスマホ向けのRTSタイトルで、ファンからは「クラロワ」の愛称で親しまれています。 日本でもテレビCMが多く放映され、高校生限定のeスポーツ大会が開催されるなど高い人気を誇っています。従来は1試合が1時間近くかかることもあったRTSのシステムを簡略化し、1試合20分程度で気軽に楽しめるようにしたのが本作の特徴です。 ですが、本質的な部分ではしっかりと王道のRTSシステムを採用しており、そのおかげで本格的なRTSをスマホで手軽に楽しむことができます。

ゲームでは、プレイヤーは8枚のカードで構成されるデッキを用いてステージ上にあるタワーを相手より多く破壊すれば勝利となります。 タワーディフェンスゲームのようなシンプルなルールですが、デッキの編成次第で変わる戦略には非常に奥深いものがあります。2018年3月には公式のeスポーツリーグである「クラロワリーグ」が発足され、幕張メッセで開催された「クラロワリーグ世界一決定戦2018」では各地域を代表する6チームが世界一の座をかけて激闘を繰り広げました。

WarcraftⅢ

WarcraftⅢ(ウォークラフト3)はブリザードエンターテイメントがStarCraftⅡの姉妹作としてリリースしたタイトルです。 StarCraftⅡがSFの世界を舞台にしていたのに対し、WarcraftⅢではドワーフやエルフ、オークやアンデットといった種族が登場する剣と魔法のいわゆる王道西洋ファンタジーの世界が舞台となっています。

本作では様々な生物や種族との間にある生存抗争が描かれており、基本的には人間とオークの争いをメインにストーリーは進行していきます。 ゲームモードは種族を選んで遊べるシングルプレイ、他のプレイヤーと対戦や協力プレイが可能なマルチプレイの2種類があります。また、「Warcraft III: The Frozen Thron」という拡張セットも発売されており、こちらではRPGのようなシナリオを楽しむことができるようになっています。

リリースは2003年と比較的古いタイトルですが、2020年にはリマスター版となる「Warcraft III: Reforged」が発売されたことで新たに注目を集めました。 もちろん現在でも大会は開催されており、2019年に開催された世界最大級のeスポーツ大会「WCG2019」では対象タイトルとして400万円以上の賞金が用意されました。

Age of Empiresシリーズ

Age of Empires(エイジオブエンパイア)はアンサンブルスタジオが開発し、マイクロソフトによって発売されているPC向けRTSゲームです。 1997年にシリーズ第1作目である「Age of Empires」が発売された歴史のあるゲームシリーズで、2021年10月にはシリーズ最新作である「Age of EmpiresⅣ」の発売が予定されています。これまで累計で4作品が発売されている本作ですが、1999年に発売された「Age of EmpiresⅡ」は特に人気が高く、現在でもマイクロソフト主催の公式大会がたびたび開催されています。

本シリーズは歴史や神話を題材としており、ローマ帝国やオスマン帝国、アステカ帝国といった様々な時代の実在した文明が登場します。 「Age of EmpiresⅢ」では、後に追加された拡張パックで江戸幕府も登場しました。Age of Empiresシリーズの特徴は、試合の経過とともに選択した勢力の時代が進んでいき、作成可能な建築物やユニットが増えていくシステムです。 試合(時代)の経過とともに新要素が取り入れられることで、だらだらと長くなりがちなRTSの試合を常に新鮮な気持ちで楽しむことができます。

初めてのeスポーツRTSにはスマホアプリがおすすめ

RTSというとPCに向かって腰を据えてプレイする印象があり、なかなか初心者の方には手の出しにくいジャンルと言えます。 しかし先程紹介したクラロワのように、現在ではスマホで楽しめるRTSタイトルが数多くリリースされています。続いては、初めてのRTSにおすすめのスマホ向けタイトルを3つ紹介します。

  • 三国志 真戦
  • 戦国布武
  • クリスタルオブリユニオン

三国志 真戦

三国志 真戦全世界で5000万ダウンロードを突破した三国志が舞台のスマホ向けRTSゲームです。 「三國無双」や「信長の野望」といった人気ゲームを開発しているコーエーテクモが監修をし、2021年5月にサービスが開始されました。コーエーテクモの人気シリーズ「三国志」の「三国志13」をベースに開発がされており、従来の「三国志」にある戦略的なシステムはそのままに、スマホ用ゲームならではの独自要素が追加されています。

プレイヤーはゲーム開始時にいくつかの質問に答えることで、「覇主」「賢主」「明主」「英主」の4タイプから1つに分類されます。 自分が治める地方は選択することができますので、その土地で武将や設備を強化しながら領土の拡大を目指しましょう。バトルではマス目状のフィールドに武将や設備を配置していき敵陣営と戦を繰り広げます。 リアルタイムで移り変わる戦況を常に指示していく必要があり、戦の軍師さながらの合戦を体験することができます。

戦国布武

戦国布武日本の戦国時代が舞台のスマホ向けRTSゲームです。 プレイヤーは戦国時代の君主となって武将を率い天下統一を目指します。天下統一までの道のりは様々で、単独で攻略を目指すだけでなく他のプレイヤーと同名を組むことも可能です。

バトルでは、部隊を編成してフィールドに配置したら戦闘は自動で行われます。 プレイヤーは自分の兵が戦っている間に城の強化や建物の増設、軍の再配置などを行って敵の侵略を防ぎます。 戦はリアルタイムで進行していくため、さらに攻め入ったり、兵糧を使用して偵察を行ったりと変化する戦況に合わせた戦略を駆使する必要があります。

戦国布武では、総勢250名以上のキャラクターが登場します。 織田信長や武田信玄など実在した歴史上の武将達を率いて天下統一を目指せるため、戦国の歴史が好きな方には特におすすめしたいタイトルです。

クリスタルオブリユニオン

クリスタルオブリユニオンは株式会社gumiと株式会社ORANGE CUBUが企画・開発した純国産のスマホ向けRTSゲームです。 アニメチックなキャラクターデザインと豪華声優陣によるキャラクターボイスが特徴で、まさに日本人向けRTSと言えるタイトルとなっています。本作では自分の王国を育てていき、周辺のモンスターや敵国と戦うことで領土を拡大していきます。 近隣国と資源を取り合うだけでなく、戦争で疲弊した第3国を横から襲って漁夫の利を狙ったり敵対する国に対して複数国で同盟を組んで大戦争をしかけたりと、戦略的かつスケールの大きな戦いを繰り広げることができるのが本作の魅力です。

また、ギルドシステムや選択するキャラクターごとに用意されている個別ストーリーなどRTS以外の部分でも楽しめるように設計されているため、日本人向けのキャラデザやロールプレイング要素が好きな方にはおすすめのタイトルとなっています。

RTSジャンルのeスポーツ大会賞金ランキング

国際的なeスポーツ大会の種目にも採用されているRTSですが、どのようなタイトルで多くの賞金が用意されているのでしょうか? ここでは、RTSタイトルの大会賞金総額をランキングで紹介します。なお、賞金総額の数字は世界中のeスポーツ大会の賞金を掲載している Esports Earnings を参照しています。

  1. StarCraftⅡ(賞金総額:約38億円)
  2. WarcraftⅢ(賞金総額:約6億3000万円)
  3. クラッシュ・ロワイヤル(賞金総額:約3億6000万円)

RTSでは、 StarCraftⅡが約38億円と2位のWarcraftⅢに30億円以上の差をつけて1位となりました。 StarCraftⅡはRTSジャンルの中でも歴史が長く、また前述した通り2018年のアジア競技大会のeスポーツ部門で公式種目に選出されるなど、現在も変わらぬ人気を維持していることからこのような結果となっています。

3位には日本でも高い知名度を誇るクラッシュ・ロワイヤルがランクインしました。 2016年リリースと浅い歴史ながら賞金総額が3億を突破していることからも、クラッシュ・ロワイヤルの人気の高さが伺えます。 スマホ向けRTSゲームとしては、現在最も勢いのあるタイトルと言えるでしょう。

RTSならではの手に汗握る知能戦

この記事では、eスポーツジャンルの1つである「RTS」のゲーム性や魅力、おすすめのタイトルを解説しました。 リアルタイムで繰り広げられるRTSならではの手に汗握る知能戦は、世界中で多くのプレイヤーを熱狂させています。残念ながら日本ではあまり流行っていないRTSですが、最近ではRTSに他の要素をかけ合わせた初心者の入門にうってつけのタイトルも登場してきています。 また、紹介したタイトルはスマホやPCがほとんどでしたが、PS4やNintendo SwitchでもRTSのタイトルがリリースされ始めています。

今回の記事を読んで少しでもRTSに興味が出た方は、お持ちのデバイスでプレイできるタイトルを探してみてはいかがでしょうか。

なお、当サイトではeスポーツで人気の「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。そちらもぜひご覧になってください。