日本のプロゲーマーってどんなもの?eスポーツ選手の実態や年収を徹底解説

日本のプロゲーマーeスポーツ選手の実態

ゲームをスポーツ競技として捉え、プレイヤーの腕を競い合うeスポーツは年々市場を拡大しており、新しいスポーツの形として世界中で大きな盛り上がりを見せています。 そしてeスポーツ人気の拡大に伴い、「プロゲーマー」と呼ばれる職業を日本でもよく目にするようになりました。 プロゲーマーとは、ゲームを仕事としている人達のことを指します。

プロサッカー選手やプロ野球選手と同様、スポーツ選手として定義されるプロゲーマーですが、実際はどのような職業なのでしょうか? また、海外では年に億を超える収入を得ている選手もおり非常に夢のある職業として認知されていますが、日本ではプロゲーマーの収入はどれくらいなのでしょうか?

この記事では、日本のプロゲーマーの活動内容や収入、プロゲーマーになるための方法をわかりやすく解説します。

日本におけるプロゲーマーの定義とは?

プロゲーマーと呼ばれる職業の定義については、正確に定められているわけではありません。 一般的には、対戦型ゲームの腕を競い合う「eスポーツ」と呼ばれる競技に参加して、ゲームだけで生計を立てている人のことをプロゲーマーと呼びます

日本においては、日本eスポーツ連合(JeSU)が一定の条件を満たした場合に有料で発行する「公式プロライセンス」を獲得した選手のことをプロゲーマーと呼ぶことがあります。 しかし、公認ライセンスを所持していないプロゲーミングチームも多数存在しているため、その定義は曖昧となっているのが現状です

プロゲーマーの仕事内容

プロゲーマーの主な仕事内容には次の3つがあります

  • プロリーグやeスポーツ大会への参加
  • eスポーツ関連の番組やイベントへの参加
  • ゲーム実況・配信

プロゲーマーのメインの仕事は、国内のプロリーグや海外で開かれる大会に参加して上位入賞を目指すことです。 試合で勝利し賞金を獲得するために、多くのプロゲーマーが日々練習を繰り返しています。

eスポーツ関連の番組やイベントに参加し、司会や試合の実況をすることもあります。 近年eスポーツは話題性の高さから一般企業がスポンサーになることも増えてきており、番組やイベントなど試合以外での露出もプロゲーマーの大切な仕事となってきています。

また、You TubeやTwitchといった動画配信サービスで自身のプレイを実況・配信するプロゲーマーも多くいます。 人気の配信となればゲーム配信だけで十分な収入を得ることが可能になりますし、さらにはeスポーツの人気向上にも貢献できるため、プロゲーマーにとっては重要な活動であるといえます。

プロゲーマーの競技種目

陸上競技に100m走・マラソン・砲丸投げのような種目があるように、eスポーツにもゲームタイトルによっていくつかのジャンルに分かれています。 それぞれのジャンルの簡単な特徴は以下の通りです。

主なジャンル概要
FPS/TPSキャラクターを操作して敵対プレイヤーを銃撃戦で倒していくゲームジャンル。一人称視点(FPS)と三人称視点(TPS)に分類される。
MOBA4〜5人のチーム戦で戦略やプレイングを駆使して相手陣地の制圧を目指すゲームジャンル。
RTS1人のプレイヤーが軍隊などをリアルタイムで指揮して相手の指揮する軍隊の殲滅を目指すゲームジャンル。
格闘ゲーム日本人プロゲーマーが最も活躍しているジャンル。画面に奥行きのない2D対戦格闘と、3次元空間での戦いがある3D対戦格闘の2種類に分類される。
スポーツスポーツやモータースポーツを題材としたシミュレーションゲーム。
DCGオンライン上でカードを使った対戦を行うゲームジャンル。
パズルゲームぷよぷよやテトリスなど、単純明快なルールで誰でも楽しむことができるゲームジャンル。

日本のプロゲーマーの年収は?

eスポーツは実力で収入が決まる世界です。 ひとえにプロゲーマーと言ってもその年収には格差があり、海外のトッププレイヤーともなると数億円の年収を得ている人もいますが、中には年収が100万円に満たない人もいます。日本の場合ほとんどの選手が年収を公表していないため大会の賞金などからの推測にはなりますが、日本人プロゲーマーの年収は平均で400万円前後と言われています。 つまり、一般的な会社員よりも収入が低いケースがほとんどということになります。

ただし、巨大規模の国際大会などで優勝すれば、一夜にして何千万もの大金を手に入れる可能性も十分にあります。 実際、日本発のデジタルカードゲームである「シャドウバース」の世界大会「Shadowverse World Grand Prix」の2018年大会では、日本のふぇぐ選手が優勝を果たし優勝賞金1億1000万円を獲得しました。

日本でプロゲーマーになるためには?

プロゲーマーは学歴や資格が必要ない分、実力で評価される部分が大きい職業です。 そのため日本でプロゲーマーを目指すなら、高いプレイングスキルがあることはもちろんですが、自分の実力を周りに認められる機会を手に入れることが何よりも大切です。

大会で良い成績を残す

自分の実力を証明するのに最も適しているが大会に参加して好成績を残すことです。 eスポーツではオンライン・オフライン問わず大小様々な大会が開催されています。積極的に大会に参加して良い成績を残していれば自然と知名度も増していき、プロゲーミングチームからのスカウトを受けやすくなります。

トライアウトに参加する

プロゲーミングチームが開催しているトライアウトや、専門学校が開催している合同トライアウトに参加してスカウトを待つという方法もあります。トライアウトはゲームタイトルごとに開催されているため、自分が得意としているタイトルのトライアウトが開催されていないかは定期的に検索するようにしておくといいでしょう。

専門学校で学ぶ

計画的な将来設計をしつつプロゲーマーを目指したいなら、「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」「バンタンゲームアカデミー」「東京デザインテクノロジーセンター専門学校」などのeスポーツの専門学校に入学する方法もあります。自分の実力だけでなることができるのがプロゲーマーの魅力ですが、置かれている環境はかなり大切です。 専門学校ではゲームの技術だけでなくeスポーツのことを総合的に学ぶことができるので、より効率的にプロへの道を切り開くことができます。

また、専門学校では講師がプロ選手であったりと、eスポーツ界との繋がりを広げることができる環境が揃っています。 専門学校に入れば必ずプロゲーマーになれるわけではありませんが、より多くのチャンスを得ることができるのは間違いないでしょう。

日本を代表する有名なプロゲーマー

日本の第一線で活躍する有名なプロゲーマーを5人紹介します。

梅原大吾選手

梅原大吾選手は日本で初めてプロゲーマーとなった方です。 2010年にアメリカの企業であるMad Catzとスポンサー契約を結びプロゲーマーとして本格的に活動するようになりました。格闘ゲームを専門としており、国内だけでなく海外でも「ウメハラ」の相性で親しまれています。 正式にプロゲーマーとなったのは2010年ですが活動自体は2000年頃から行っており、まさに日本プロゲーマー界のパイオニアと呼べる人物です。

2D対戦格闘ゲームでは常に上位に名を連ねており、その腕前はカプコンの当時の開発本部長であった岡本吉起氏から「10年に1人の天才」と称されるほどです。40歳とプロゲーマーの中ではかなりベテランですがその実力は衰えることなく、いまだに第一線で活躍しています。

ときど選手

ときど選手は格闘ゲームを得意とするプレイヤーで、東京大学工学部卒業という異色の経歴から、「東大卒プロゲーマー」と呼ばれています。少年時代にプレイしていたKOF94で、ジャンプキックからの闇払いの連続技しか使わなかったため、技使用時のセリフである「飛んで キックして どうしたぁ!」の頭文字を取って「ときど」と呼ばれるようになりました。

格ゲー界のスーパーコンピューターという異名を持っており、合理的で冷徹無比なプレイスタイルから一部では「アイスエイジ」と呼ばれることもあります。新作タイトルへの順応力の高さに定評があり、梅原大吾選手も「リリースされたばかりのタイトルでの大会に出場して勝てと言われたら、誰と組みたいか?」という質問でときど選手の名前を挙げたほどです。実際、海外の大規模な大会で複数タイトルに同時に参戦したこともあり、ほぼ全てのタイトルで常に上位の成績をおさめています。2011年に梅原大吾選手と同じくアメリカのMad Catzとスポンサー契約を結んでプロゲーマーとなりました。

ふぇぐ選手

先程も紹介したふぇぐ選手は、プロゲーミングチームよしもとLibalent所属のプロゲーマーです。本格スマホトレーディングカードゲーム「シャドウバース」のプロ選手として数々の大会で好成績を残しています。 2017年3月に開催されたファミ通CUPでの優勝以降徐々に実績を伸ばし、2018年3月に設立されたシャドウバースのプロリーグの選手募集で見事抜擢されプロゲーマーとなりました。

プロゲーマーとしての期間はまだまだ短いふぇぐ選手ですが、日本のプロゲーマーの獲得賞金ランキングでは2021年現在1位となっています。(賞金ランキングはeスポーツ選手の獲得賞金額を掲載しているEsports Earningsを参照しています)

すもも選手

すもも選手は日本のプロゲーミングチームDetonation Gamingに所属しているプロゲーマーです。 名前の由来は高校生のときに放送していた「すもももももも」というアニメから取ったと取材で語っています。

もともとはニコニコ生放送やTwitchにてゲームのストリーミング配信を行っている配信者でしたが、2016年にDetonation Gaming がオーバーウォッチ部門を設立してメンバーを募集した際自ら応募し、見事メンバーに抜擢されました。その後2017年に同チームのPUBG部門へ移籍し、PUBGのレートランキングではアジアサーバーで最高14位、オセアニアサーバーでは1位を記録しています。

社会人として働きながらやっていた趣味のゲームでプロゲーマーとなったすもも選手は、その経歴から「遅すぎた新人」の二つ名で呼ばれることもあります。現在は動画配信サービスであるOPENREC.tvとスポンサー契約を結び、OPENREC.tvおよびYou TubeでFPSやTPSを中心に様々なジャンルのゲームを配信しています。

かずのこ選手

かずのこ選手は日本のプロゲーミングチームBurning Coreに所属している格闘ゲームのプロゲーマーです。ストリートファイターや、ドラゴンボールファイターズ、スマブラといった幅広い格闘ゲームでトップレベルの活躍を見せており、様々なゲームで様々なキャラを巧みに操る姿から2015年に開催された闘神激突(ギルティギアの大会)では「全ての格ゲーに愛される男」と称されました。

名前の由来は、当時カプコン格ゲー界では自身の本名である「井上」という名前の有名プレイヤーが他にいたため、近くにあった寿司屋のチラシから適当に選んだと公言しています。

まとめ

この記事では、日本のプロゲーマーの仕事内容や年収、プロゲーマーになる方法などについて解説しました。日本ではまだまだサッカーや野球のプロ選手と同列で語られることが少ないプロゲーマーですが、海外ではすでに子どもたちに夢を与える職業として大変人気を集めています。 日本でも、大手企業のeスポーツ市場への参入や国内プロリーグの設立など、プロゲーマーが活躍できる環境が整いつつあります。

eスポーツ元年と呼ばれている2018年以降、徐々に注目を集めている日本のeスポーツシーン。 今後さらなる発展を目指すために、日本人プロゲーマー達の活躍が期待されます。

なお、当サイトではeスポーツで人気の「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。そちらもぜひご覧になってください。