ブックメーカーにリーグオブレジェンドが登場|LoLの新たな楽しみ方

ブックメーカーにLoLことリーグオブレジェンドが登場

ブックメーカーでリーグオブレジェンドことLoLに賭けることができると話題になっています。以前より海外ではeスポーツの試合に賭けることができたのですが、そのジャンルで後進国と言われる日本ではなかなか浸透しませんでした。ところが、2020年にCOVID-19が世界中で流行したことにより、スポーツの試合・大会の多くが中止に。ブックメーカーも提供できるものが少なく困っているときに目を付けたのがLoLをはじめとするeスポーツのプロシーンでした。

ブックメーカー各社は賭けられるタイトルを増やしたわけですが、その中でも注目が集まったのが世界中で人気のMOBA「リーグオブレジェンド」。合計プレイヤー数が1億人を超えると言われるビッグタイトルが登場し、「ブックメーカー」と「リーグオブレジェンド」双方のプレイヤーが賭けに参加して盛り上がっているのです。とはいえ、LoLの日本サーバープレイヤーの中には大会に賭けられることを知らない人も多いと思います。また、ブックメーカーの既存プレイヤーの中にもLoLを知らない人は少なくないはずです。今回の記事ではブックメーカーとリーグオブレジェンドの基本情報賭けられるLoLの大会ブックメーカーで賭ける手順を中心に解説し、最後にはリーグオブレジェンドでお勧めのブックメーカー3選も紹介していきます。。

ブックメーカーとリーグオブレジェンドの基本情報

ブックメーカーはニュースでも取り上げられる機会が増えているので日本での知名度も高まっています。一方でLoLも日本でプレイヤー数を伸ばしている大人気ゲームであり、その知名度は非常に高いです。ただ、その両方について詳しく知っているという人も少ないと思いますので、まずは簡単にブックメーカーとリーグオブレジェンドの基本情報について紹介していきたいと思います。

ブックメーカーとは

  • イギリス発祥のギャンブル
  • スポーツや政治など様々な分野に賭けられる
  • 政府発行ライセンスの下で運営している

リーグオブレジェンドとは

  • MOBAを代表するゲームタイトル
  • 競技人口は世界1億人以上
  • 日本のプロリーグLJLも人気

ブックメーカーは1970年代にイギリスで誕生した賭け事で、今では政府公認となっている海外の民営ギャンブルです。「民営」という部分に不安を感じる日本人も多いようですが、政府が発行したライセンスがないとブックメーカーは営業できず、運営はどこも上場している大きな企業ばかり。厳しいルールの下で行われる、限りなく公営に近い民間ギャンブルと言えます。ブックメーカーではサッカーや野球など人気スポーツから、政治や芸能といった幅広い分野にまでベットすることが可能で、そこに最近ではリーグオブレジェンドなどeスポーツが追加されました。

リーグオブレジェンドは通称LoLと呼ばれる、MOBA系のオンラインゲームです。試合は5対5の合計10人で行われ、プレイヤーは「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターを使います。ネクサスという敵の本陣を破壊すれば勝利になりますが、100体以上のチャンピオンはそれぞれ特徴が違うので、戦術もそれに比例して多くなります。何よりリーグオブレジェンドの魅力は「キャラクター育成がない」という部分で、チャンピオンの強さではなく純粋にプレイヤーの経験・スキルが問われるゲームだというところ。ゲームバランスも頻繁に調整されるので特定のチャンピオンを多くのプレイヤーが使うなんていう現象もなく、飽きさせることはありません。

関連記事

ブックメーカーeスポーツの基本情報|賭け方や人気タイトルを紹介

ブックメーカーeスポーツの基本情報

eスポーツはブックメーカーでも人気コンテンツとして注目されており、プレイヤー数が急増しているマーケットです。2020年にCOVID-19が流行してスポーツのリーグ戦や大会…>>続きを読む

ブックメーカーで賭けられるLoLの大会

ブックメーカーで賭けられるリーグオブレジェンドのリーグ・大会は以下の通りです

  • LJL(日本)
  • LCK(韓国)
  • LCS(北米)
  • LPL(中国)
  • LEC(欧州)
  • TCL(トルコ)
  • CBLOL(ブラジル)
  • OPL(オセアニア)
  • Worlds
  • All-Star

リーグオブレジェンドには毎年秋に「League of Legends World Championship」という高額賞金で有名な世界大会が開催されますが、ブックメーカーでもLoLの中で最も注目を集める大会となります。しかし、日本のLJLやLPL、LCS、LCKのような各国のプロリーグもブックメーカーでは賭けの対象になっており、プレイオフやFinalだけでなく通常のリーグ戦のオッズも公開されているのです。ただ、ブックメーカーによってeスポーツやLoLにどれだけ力を入れているかは異なるので、世界中のLoLプロリーグに賭けたい場合は目当てとなるリーグまで網羅されているかを確認した方がいいと思います。

関連記事

LoL 2020 World Championship大会概要・日程・V3の評価を解説

LoL Worlds2020の大会概要・日程・V3の評価を解説

日本時間9月25日にリーグオブレジェンド(LoL)の世界大会、2020 World Championship(通称、Worlds)が上海で開幕します。LoL 2020 World Championshipは新型コロナウイルス…>>続きを読む

ブックメーカーでリーグオブレジェンドに賭ける手順

ブックメーカーではリーグオブレジェンド以外にもスポーツや政治、映画祭など非常にたくさんのマーケットが公開されているので、初めての場合はLoLの試合を探すところから少し苦労するかもしれません。基本的な流れはどこも一緒ですので、ブックメーカーでLoLに賭ける手順を紹介していきます。

STEP1:ブックメーカーでeスポーツを選択

ブックメーカーLoLの賭け方01

まずはブックメーカーにアクセスしてeスポーツを選択します。スポーツのカテゴリに混ざっていることや、スポーツとは別カテゴリに置かれていることもあるので探してみてください。

STEP2:賭けたいタイトルとリーグを選ぶ

ブックメーカーLoLの賭け方02

今回使用した10betではリーグごとに分かれていました。タイトル別に分かれている場合と今回のようにリーグ別に分かれている場合があります。

STEP3:賭けたい試合のオッズを確認してベット

ブックメーカーLoLの賭け方03

チーム名をクリックするとより細かな賭け方が表示されますが、マネーラインという勝利チームを予想する賭け方であればこのオッズをクリックすると金額入力画面が表示されます。賭けたい金額を入力してベットを確定すれば完了です。

ちなみに、10BETでは、当サイトから登録したプレイヤー限定で30ドルのボーナスが期間限定で貰えるキャンペーンを開催中。登録するだけで30ドルが貰えるので、まずはそのボーナスで試しにLoLへの賭けを遊んでみてください。

登録するだけで30ドルをゲット!

ブックメーカーLoLに役立つ基礎知識

ブックメーカーでリーグオブレジェンドに賭ける前に覚えておきたい基礎知識がいくつかあります。基本的な賭け方が5つあるので、まずはそのオッズの意味を理解しておくとスムーズに賭けることができるとおもいます。また、初心者が陥り易い罠がブックメーカーにはあるので、的中するために必要なことを紹介していきます。

基本的な賭け方は5つ

ブックメーカーでは主に5つの賭け方がリーグオブレジェンドで用意されています。

  • Match Betting – 勝利チームを予想
  • Handicap Betting – ハンデがついた状態で勝利チームを予想
  • Correct Score – Best of 5の最終的なスコアを予想
  • Total Maps Played – 決着がつくまで何戦かかるかを予想
  • Map Winner – それぞれのマップ(第1戦から5戦まで)で勝利チームを予想

どのスポーツでも、最初はマッチベッティングと呼ばれる勝利チームを予想する賭け方から始める人が多いですね。ある程度ブックメーカーに慣れてきたら、詳しい人には「コレクトスコア」に挑戦していただきたいと思います。Best of 5の最終的なスコアを当てなきゃいけないので難しいですが、その分オッズは高くなります。まずはこの5つを覚えて、実践で試しながら自分に合った賭け方を模索しましょう。

オッズに流されないで自分を信じる

ブックメーカーの性質上、実績があるチームのオッズが低くなり、劣勢とされるチームはオッズが高くなります。 よく「強いチームに賭ければいい」と言う人がいますが、それは間違いです。低いオッズに賭け続けるのは外した時に回収するのが大変なので、その分大きなリスクを伴います。つまり、「オッズが高いチームにチャンスがある試合を選ぶ」ことも大切になってくるわけです。韓国のSK T1もDWG KIAといった強豪チームでもいくつかの試合は落とすわけですから、そういう機を伺って高配当を狙いましょう。また、正直に言うと、ブックメーカー側はリーグオブレジェンドを導入し、試行錯誤を繰り返している段階だと思われます。プロチームの移籍や連携面など、強豪チームの不安要素を把握している人は勝てるチャンスも多いはずです。

関連記事

ブックメーカーの賭け方を解説

ブックメーカーの賭け方を解説

ブックメーカーの賭け方は非常にシンプルで難しいものではありません。どこのブックメーカーも基本的に変わりはなく、1度登録から賭けるまでの流れを把握すればあまり迷うことはない>>続きを読む

リーグオブレジェンズに賭けられるブックメーカー3選

今回の記事では「ブックメーカーとリーグオブレジェンド」をテーマに解説してきました。まだまだリーグオブレジェンドに詳しい人でブックメーカーに参加しているプレイヤーは少ないですから、特にLJLが好きな人にはチャンスと思って挑戦していただきたいですね。最後にこれからブックメーカーを始めるという方に、LoLに賭けるのにお勧めのブックメーカーを3つ紹介したいと思います。ブックメーカーは世界中にたくさんありますが、政府公認のライセンスで営業し、かつ運営会社が信頼できるところに登録しなければなりません。当サイトでは運営会社を厳しい審査基準で調査し、実際に担当者と話して信頼できると判断した安心・安全のブックメーカーのみを掲載しております。何かトラブルがあった際には、お気軽にお問い合わせください。

1

スポーツベット.io

スポーツベット.ioスポーツベット.io

時代の先駆者、暗号通貨系ブックの最高峰

ワトフォードFCのスポンサーとして有名なスポーツベットアイオーは、暗号通貨系ブックメーカーの代名詞とも言える存在。ストリーミング・日本語サポート・入出金とすべてが一級品で、初心者から上級者まで納得のブックです。

2

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルウィリアムヒル

業界最大手の高い信頼性、ブックメーカーの代名詞

トッテナム・ホットスパーのスポンサーとしても知られる、1934年創立の老舗。イギリスを中心に欧州では圧倒的な知名度を誇り、豊富なマーケット数は圧巻の一言です。英国紳士に長く愛される業界最大手ブックメーカー。

3

10ベットジャパン

10ベットジャパン10ベットジャパン

世界で高い人気を誇る万能型

セリエAのユヴェントスとパートナーシップを結ぶ世界的人気ブックメーカー。日本のプレイヤー向けにカスタマイズされた10BET JAPANは使いやすく、日本語サポート・出金スピード共にトップクラスの質を誇ります。

 

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。ぜひ参考にしてみてください。