eスポーツの人気ジャンル「FPS」とは?魅力や注目のタイトルを徹底解説

テレビゲームの腕をお互いに競い合うeスポーツが近年世界中で大流行しています。 日本でもたびたびメディアに取り上げられ、新しいスポーツの形として若い世代を中心に浸透してきています。

そんなeスポーツには様々なジャンルのゲームが競技として採用されており、中でも特に人気の高いジャンルが「FPS」です。 FPSはPCからスマホまで様々なプラットフォームでプレーすることができ、年齢性別関係なく多くの人が熱狂するゲームジャンルとなっています。この記事では、そもそも FPSとはどんなゲームジャンルなのかといったことから、人々が熱狂するFPSの魅力までわかりやすく解説します。

eスポーツジャンルの1つ「FPS」とは?

まずは、FPSとはどういったゲームジャンルなのか詳しく見ていきましょう。

「FPS」はファースト・パーソン・シューティングという意味

FPSはファースト・パーソン・シューティング(First Person Shooting)の略称で、海外ではファースト・パーソン・シューター(First Person Shooter)と呼ばれることもあります。ファースト・パーソンには「一人称視点」という意味があり、FPSとは画面上のキャラクターを本人の視点(一人称視点)で操作する3Dシューティングゲームのことを指します。

FPSでは画面内に操作キャラクターの手や足、自分が構えた銃などのみが映るため、プレイヤーは実際に自分がゲームの中に入り込んでいるかのような没入感を味わうことができます。

「TPS」との違い

FPSとよく似たゲームジャンルに「TPS」があります。 TPSとはサード・パーソン・シューティング(Third Person Shooting)の略称です。両者の違いはプレイヤーの視点にあり、FPSは一人称視点でキャラクターを操作するのに対して、TPSはサード・パーソンつまり「第三者視点」で操作キャラクターを俯瞰する形で操作します。 TPS視点は人気バトロワゲーム「フォートナイト」の移動中の画面を想像すると分かりやすいでしょう。

日本のゲームはジャンルに関わらずキャラクターを第三者視点で操作するものが多いため、初めてシューティングゲームに触れる初心者の方はFPSよりもTPSの方が親しみやすいと一般的には言われています。

eスポーツ競技人口が最も多いFPSタイトルは?

eスポーツ業界全般で見ても競技人口の多いジャンルであるFPSですが、その中でも特に多くのプレイヤーを抱えているタイトルがCS:GO(Counter-Strike: Global Offensive)です。 CS:GOは世界で最もプレイされているFPSゲームと言われており、そのプレイヤー数は2000万人にのぼります。

ゲーム内容

現代戦が舞台となっているCS:GOではテロリストとそれに対抗する特殊部隊とのリアルな銃撃戦が描かれており、プレイヤーはテロリストと特殊部隊のどちらかに分かれ、相手チームを全滅または目標の爆破・防衛を達成することで勝利となります。

CS:GOではラウンド開始時に全プレイヤーは基本的に拳銃とナイフしか所持していない状態で始まるため、試合中に手に入るお金を使って自分の装備を整えていく必要があります。 購入した武器は生き残った場合は次のラウンドへ引き継ぐことができるので、どのような武器や装備を購入するかといった戦略がCS:GOでは重要となります。

観戦して楽しむこともできる

CS:GOはPC専用ゲームとなっているため遊ぶためにはWindowsPCが必要となりますが、ゲーム自体は無料なのでPCを持っていれば誰でもプレイが可能です。また、ゲームのルールが非常にシンプルでわかりやすいので、他人のプレイ動画を観るだけで楽しむこともできます。

PCを持っていない人でもYouTubeなどを通してスポーツ観戦感覚で楽しむことができるのが、CS:GOが世界中で高い人気を得ている理由の1つです。

関連記事【CS:GO世界ランキング】チーム・プレイヤー・獲得賞金【CS:GO世界ランキング】チーム・プレイヤー・獲得賞金世界中で最もプレイされているFPSゲームであるCS:GO(Counter-Strike: Global Offensive)をご存知でしょうか? 2012年に基本プレイ無料でリリースされた、オンライン対戦がメインのシューティング…>>続きを読む

eスポーツに採用されている主要なFPSタイトル

次に、eスポーツ競技に採用されている主要なFPSタイトルを紹介します。

  • レインボーシックスシージ
  • オーバーウォッチ
  • Call of Duty
  • VALORANT
  • Apex Legends
  • PUBG

レインボーシックスシージ

レイボーシックスシージは、トム・クランシーが1996年に執筆し映画化もされた小説「レッド・オクトーバーを追え!」を元に作られたゲームタイトル「レイボーシックス」シリーズの第7作目となる作品です。 ファンからは「虹6」や「R6S」の愛称で親しまれています。レイボーシックスシージはタイトルにあるシージ(包囲)の名の通り、建物に立てこもるテロリストと特殊部隊との銃撃戦を描いています。

ゲームは攻撃側(特殊部隊)と防衛側(テロリスト)に分かれて5対5で行われ、相手チームを殲滅または一定の条件をクリアすることで勝利となります。 レイボーシックスシージではオペレーターと呼ばれるそれぞれ様々な特性を持った操作キャラクターが60人以上おり、使用するオペレーターによって戦術は無限に変化します。 撃ち合いの腕前だけではない戦術の奥深さが、タクティカルシューティングとも呼ばれるレイボーシックスシージ最大の魅力です。

関連記事Rainbow Six(レインボーシックス)とは?Rainbow Six(レインボーシックス)とは?特殊部隊とテロ組織との銃撃戦を描く人気FPSタイトルRainbow Six(レインボーシックス)ですが、実はかなりの歴史があるのをご存知でしょうか?シリーズの始まりは1998年と非常に古く…>>続きを読む

オーバーウォッチ

オーバーウォッチはブリザード・エンターテイメントが2016年に発売したタイトルです。 近未来の地球を舞台に、30種類以上いる様々な特殊能力を持つヒーローから1人を選び6対6のチーム戦で戦います。オーバーウォッチではヒーローごとに特殊能力や使用する武器が固定されているため、FPS初心者の方でも馴染みやすいゲームシステムと言えます。 また、独特のカートゥーンタッチで描かれた個性のあるキャラクター達は非常に魅力的で、お気に入りのキャラクターを見つけ使い続けるといった楽しみ方ができるのもオーバーウォッチならではの魅力です。

2022年以降には後継作であるオーバーウォッチ2の発売も予定されており、今後さらなる盛り上がりが期待できるゲームタイトルです。 なお、オーバーウォッチ2ではゲーム内データの引き継ぎが可能とのことなので、今からオーバーウォッチを始めてみても遅くはないでしょう。

フォートナイト

フォートナイトは、Epic Gamesが2017年にリリースしたバトルロワイヤル形式のオンラインゲームです。 PCやCSだけでなくスマホにも対応しており、全世界に2000万人以上のプレイヤーを抱えるビッグタイトルとなっています。フォートナイト最大の特徴は「建築」と呼ばれるゲームシステムです。 マップ上にあるほとんどのオブジェクトはプレイヤーが最初から所持しているツルハシで破壊することができ、壊したオブジェクトに応じて木材・レンガ・鉄といった素材を入手できます。 手に入れた素材を消費することで足場や壁などを作り出すことが可能で、フォートナイトではこの「建築」をいかに使いこなすかが勝利の鍵を握っています。

相手よりも高い位置を確保したり敵からの射線を切ったりとハイスピードで繰り広げられるプロプレイヤー同士の白熱した建築合戦は非常に見応えがあり、TwitchやYouTuber等で配信される大会では毎回多くの視聴者を集めています

Call of Duty

Call of Dutyは戦争に焦点を当てたミリタリー系FPSで、発売から15年以上の歴史を持つFPSの王道と呼べるタイトルです。 毎年後半に新作が発売されるのが恒例となっており、2021年末に発売される最新作でシリーズ20作目を迎えます。

作品ごとに現代戦であったり近未来であったりと戦場の舞台は異なりますが、基本的なシステムは変わることがなくシリーズの伝統をしっかりと踏襲しています。 最大の特徴はド派手な戦闘と実写さながらの美麗なグラフィックスで、まるで本当の戦場にいるかのような臨場感をどのシリーズでも味わうことができます。

VALORANT

VALORANTはライアットゲームズが2020年に配信を開始したタイトルです。 eスポーツを意識した高い競技性をコンセプトにしており、すでに多くのプロゲーミングチームが競技シーンに参入しています。

VALORANTの舞台は近未来となっており、プレイヤーはSFチックな特殊能力を持ったキャラクターを操作して戦います。 試合は5対5のチーム戦で行われ、攻撃側は複数ある目標いずれかの爆破または相手チームの殲滅、防衛側は爆破の阻止または同じく相手チームの殲滅で勝利となります。現在はPCでのみプレイ可能ですが、リリース直後から圧倒的なスピードで競技人口を増やしているタイトルですので、今後のプラットフォーム拡大には期待できるでしょう。

Apex Legends

APEX Legends はElectronic Artsが2019年に配信を開始したバトルロイヤルシューティングゲームです。 世界はもちろん日本国内でも絶大な人気を誇っており、全世界のアクティブユーザーのうち5分の1以上を日本人が占めています。基本的なシステムは通常のバトルロイヤルと変わりませんが、APEX Legendsでは他のバトロワにはない次々に敵を撃破していく疾走感を味わうことができます。 また、レジェンドと呼ばれる操作キャラクターも特徴的で、試合では各レジェンドが持つ特殊能力を活かした戦略が求められます。

PC・PS5/PS4・Xbox・Switchと幅広いプラットフォームに対応しており、2021年内にはスマホ版のリリースも予定されています。 クロスプレイに対応しているおかげで、PS5とSwitchなど異なる機種間で一緒に遊ぶことができるのも日本で人気を集めている理由の1つです。

PUBG

PUBGは2017年に配信が開始された、現在世界中で巻き起こっているバトロワブームの立役者となったタイトルです。 リリース直後から爆発的な人気を集め、当時はまだ馴染みの無かった「バトルロイヤル」というゲームジャンルを広く普及させました。PUBG自体をプレイしたことがない方でも、「ドン勝」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 これは、PUBGで勝利した際に表示される「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!」というフレーズが元となっており、バトロワで勝利することを「ドン勝」と呼ぶ言い回しが当時流行したため多くの人に広まりました。

PC専用ゲームとしてリリースされた今作ですが、現在はPS4やXbox、スマホなど様々なプラットフォームでプレイ可能となっており、今なお高い人気を集めています。

FPSタイトルのeスポーツ大会賞金ランキング

eスポーツ競技で高い人気を集めているFPSですが、開催される大会の規模はどれくらいなのでしょうか? ここでは、FPSタイトルの大会での賞金総額ランキングを紹介します。なお、賞金総額の数字は世界中のeスポーツ大会の賞金を掲載しているEsports Earningsを参照しています。

  1. CS:GO(賞金総額:約120億円)
  2. フォートナイト(賞金総額:約110億円)
  3. PUBG(賞金総額:約36億円)
  4. オーバーウォッチ(賞金総額:約29億円)
  5. レインボーシックスシージ(賞金総額:約19億円)

1位はやはり世界最多の競技人口を誇るCS:GOでした。 しかし、CS:GOよりも5年後にリリースされたフォートナイトもほとんど変わらない賞金規模となっており、フォートナイトの世界的な人気の高さが伺えます。また個人の賞金額では、2019年に開催されたFortnite World Cupのソロ部門で当時16歳のBugha選手が獲得した優勝賞金300万ドル(約3億2000万円)が最多となっており、大会ごとの規模ではフォートナイトが上回っていると言えるでしょう。

関連記事ブックメーカーeスポーツの基本情報ブックメーカーeスポーツの基本情報eスポーツはブックメーカーでも人気コンテンツとして注目されており、プレイヤー数が急増しているマーケットです。2020年にCOVID-19が流行してスポーツのリーグ戦や大会が世界中で中止になると…>>続きを読む

まとめ

この記事では、eスポーツの人気ジャンルである「FPS」の魅力や注目のタイトルについて解説しました。

FPSは画面上のキャラクターを一人称視点で操作する3Dシューティングゲームのことで、プレイヤーが実際にゲームの中にいるかのような没入感を味わえるのが特徴ですが、TPS(三人称視点ゲーム)などに比べると難易度が若干高いと言われています。

しかし、ひとえにFPSと言っても、1発の弾丸が勝負を決めるレインボーシックスシージのようなタイトルから広大なマップを自由に動き回れるPUBGのようなタイトルまでゲームシステムは様々です。 初心者の方でも楽しめるタイトルがきっと見つかるはずですので、これまで避けていた方も一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

なお、当サイトではeスポーツで人気の「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。そちらもぜひご覧になってください。