『FIFA20 Stay and Play Cup』に豪華メンバー集結 アレクサンダー=アーノルドが初戦突破

0
スポにゃん
スポにゃん 2020/4/17 18:00

 

大人気サッカーゲーム「FIFA20」が主催する「FIFA20 Stay and Play Cup」が15日(太平洋標準時)に開幕。実際の選手たちによる熱い戦いがesportsで繰り広げられている。

 

 

「FIFA20 Stay and Play Cup」はCOVID-19の感染を減らすため、#stayhomeをテーマに開催されているトーナメント。欧州の20チームから代表選手1人が参加しFIFA20で対戦するのだが、アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール)、ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)、ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)、ジャスティン・クライファート(ASローマ)、アクラフ・ハキミ(ドルトムント)といった豪華メンバーの参加が発表され大きな話題となった。

 

 

初日から圧倒的なゲーマーぶりを見せたのがイェスパー・リンドストローム(ブランビューIF)。サイフ=エディン・ハウイ(マルセイユ)を8-2のスコアで撃破すると、2回戦ではセサル・アスピリクエタ(チェルシー)に2-0で完封勝利。3回戦に駒を進め、次はジャスティン・クライファートと激突する。

 

 

最も注目を集めたのは、ヴィニシウス=ジュニオールとアレクサンダー=アーノルドの対決。このブラジルの未来を背負うウインガーと世界屈指へと成長した右サイドバックのマッチアップは向こう10年、実際の大舞台で何度も見かけることになるだろう。そんな注目の一戦は4-1でアレクサンダー=アーノルドが勝利した。

 

 

決勝戦は日本時間の20日に行われる予定。世界中でサッカーの試合が中止となっている今、トッププレイヤーたちがesportsの舞台でファンを楽しませてくれるのは嬉しい限りだ。また、FIFA20など人気ゲームの販売会社として知られるエレクトロニック・アーツ社は、COVID-19による大きな影響を受けているコミュニティに対し、100万ドルの寄付を明言している。

 

 

コメント0件

ひとことコメントをどうぞ。初めての方も大歓迎です!

アイコン

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)