サッカー選手イケメンランキング2021年版【世界を虜にするイケメンTOP10】

サッカー選手イケメンランキング2021年版

サッカー選手と言えばイケメンが多いのは有名で、スタジアムに行けば多くの女性サポーターが黄色い声援を送っています。でもサッカー選手の格好良さに酔いしれるのは男性も一緒。年齢に関係なく、好きなサッカー選手の髪型やファッションを真似したという人も少なくないはずです。

2002年に流行した元イングランド代表のデイビッド・ベッカムや、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドといった選手が日本でもイケメンとして注目されがちですが、世界には数多くのイケメン選手がいるのになぜかメディアでは取り上げられません。こんなにもサッカー選手はイケメンで溢れているのに勿体ない!

今回の記事ではJリーグの日本人サッカー選手と世界のイケメンサッカー選手をそれぞれランキング形式で紹介し、海外メディアが発表したイケメンランキングと比較していきたいと思います。男である私の主観に偏りすぎないよう、スタジアムで知り合った女性サポの皆さまにも協力していただきランキングを作成しました。お気に入りの選手を見つけたら、彼らのキャリアやプレイ、私生活に至るまで色々とチェックしてみると、チャンピオンズリーグや2022年のカタールワールドカップがより楽しくなること間違いありません。それではサッカー選手イケメンランキング2021年版をお楽しみください。

Jリーグの現役イケメンサッカー選手TOP5

日本のJリーグでイケメンの代表格であった鹿島アントラーズのDF内田篤人が引退。サッカー選手はルックスを売りにしているわけではないので芸能人と比較するのは間違いですが、芸能人と言われても違和感がないレベルのイケメンというのは内田選手と本並さんくらいでしょう。失ったものは大きいですが、それでも現役Jリーガーはイケメン揃い。女性サポに質問するとイケメンの名前がノンストップで出てきますね。Jリーグで活躍する外国人選手を含めるとセレッソ大阪のヨニッチ、鹿島のエヴェラウドなどの名前が多数挙がったのですが、今回は日本人選手に限定しました。それでは、Jリーグの日本人サッカー選手イケメンランキングTOP5を紹介していきます

5位:大島僚太

王者・川崎フロンターレから選ばれたのはMF大島僚太選手。Jリーグ王者で背番号10を背負い、ゲームメイクに秀でた選手として高い評価を得ています。クラブのレジェンドである中村憲剛選手が引退しましたが、攻撃のリズムを作るという意味ではポジションは違えど大島選手が後継者となるのでしょう。憧れの選手として元イタリア代表のアンドレア・ピルロを挙げており攻撃面では確かに似た点がありますね。守備でもハードワークを惜しまない選手で、168cmと小柄ながら攻守両方でフロンターレに欠かせない選手となっています。

4位:大﨑玲央

桐蔭横浜大学からアメリカへと渡りプロのキャリアをスタートさせた異色の経歴を持つ大崎玲央選手。初めて観る人の中には外国人選手と見間違える方も多いくらい日本人離れした顔立ちをしていますが、ご両親共に日本人だそうです。187cmと高身長で長い髪がトレードマークの大崎選手はヴィッセル神戸に所属するCB。イニエスタを中心とした華麗な攻撃サッカーを披露するチームを最終ラインから支え、時にはボランチとしてプレイするユーティリティさも持ち合わせています。個人的には写真よりもピッチで見る大崎選手のがイケメンだと思うので現地観戦がお勧めです。

3位:土居聖真

アントラーズのユースからトップチームに昇格した生え抜きで、柴崎岳、昌子源と同期というプラチナ世代の1人。天才的なセンスで常勝軍団・鹿島アントラーズの心臓となっている土居選手ですが、「鹿島の相葉雅紀」と言われるJリーグ屈指のイケメン選手でもあります。インタビューやサポーターの前では常にクールな対応をしている土居選手ですが、チーム内では常にボケ続けるというムードメーカーのような一面もあるようです。海外に移籍する選手が多い鹿島では本当に貴重な存在で、サポーターからも愛されています。

2位:谷口彰吾

全国の常連として知られる大津高校から大学サッカーの名門・筑波大学へと進学して2014年に川崎フロンターレへと入団。大卒選手が常に結果を出すことで有名な川崎Fですが、谷口選手も風間八宏監督の下で1年目から即戦力としてコンスタントに出場しました。ビルドアップにも定評があり、ポゼッションサッカーでJリーグ史上最高のチームとも称される川崎Fに不可欠なCBとして最終ラインに構える谷口選手。冷静かつ知的なプレースタイルとキリっとした甘いマスクで多くの女性サポーターを魅了しています。

1位:佐々木翔

神奈川大学から2012年にヴァンフォーレ甲府に入団。2015年からサンフレッチェ広島に所属し、現在はキャプテンマークを巻いて最終ラインを束ねています。大学時代から注目を浴び、甲府ではJ2昇格に大きく貢献するなどフィジカルを武器に順調なサッカー人生を送っていた佐々木選手ですが、右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負って2017年は出場がゼロという苦しい経験もしています。中央でもサイドでもこなせる器用さを持ち合わせ、特に3バックでは国内屈指のDFに成長。2018年には日本代表にも招集されたルックス・実力共に国内最高峰の選手です。

関連記事

FIFAワールドカップ2022の優勝国を予想して賭けてみた

FIFAワールドカップ2022の優勝国を予想して賭けてみた

新型コロナウイルスの影響でEURO2020も延期、コパアメリカ2020も延期。不要不急の外出はNG、里帰りもできないのにEUROもコパも延期とかまさに地獄。暇だなぁとしょんぼりしてるサッカーファンは多い…>>続きを読む

海外の現役イケメンサッカー選手TOP5

海外サッカーを見渡せばどのチームを見てもイケメンが必ずいると言っても過言ではないはず。デイビット・ベッカム、グティ、フェルナンド・トーレスなどいつの時代も日本のサッカーファンは欧州で活躍するイケメンたちが大好きなのです。日本で見かけるサッカー選手イケメンランキングだとどうしてもクリスティアーノ・ロナウドが1位に選ばれがちなのですが、海外には他にもイケメン選手がたくさんいるのにあまり知られていません。それでは2021年の海外のイケメンサッカー選手ランキングTOP5を見ていきましょう。

第5位:ロドリゴ・ベンタンクール

1997年生まれのベンタンクール。若くしてウルグアイ代表にも招集されている同選手ですが、アルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズ出身のMFで、2017年にユヴェントスへと引き抜かれました。サッカー選手としてエリート街道を歩むベンタンクールですが、プレースタイルは決して派手なわけはなく、泥臭いプレイも苦にしない万能型な選手として重宝されています。2022年に開催されるワールドカップでも楽しみな存在ですね。

第4位:ハリー・ウィンクス

1996年生まれのハリー・ウィンクスはロンドンに拠点を置くトッテナム・ホットスパーに所属するMF。各年代のイングランド代表に招集され続けているウィンクスは2017年にA代表へと招集されています。順調なキャリアを歩んでいる同選手ですが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任してから出番を減らし、イングランド代表としてEUROを戦うためにもトッテナムを離れるのではという噂も。イケメン選手にも苦労はありますね。

第3位:ロリス・カリウス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Winter is coming 🥶🌨⛄️

LORIS(@loriskarius)がシェアした投稿 –

1993年生まれのドイツ人GKカリウス。ユース時代にマンチェスター・シティに引き抜かれるなど有望な若手選手として注目を集めたカリウスは、ドイツのマインツで活躍すると2016年にはリヴァプールへと移籍しました。正GKの座を得るまでに成長しましたが、2018年のチャンピオンズリーグ決勝で2度のイージーミスを犯したことで大きな批判を浴び移籍へ。復活までの道のりが厳しい不運のGKとしても知られています。

第2位:オリビエ・ジルー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Good night and stay safe 👍🏻 #oliviergiroud #giroud #giroudfamily #og18 #daddy #cfc

Je ne suis pas Olivier Giroud(@giroudfamily)がシェアした投稿 –

1986年生まれのジルーはプレミアリーグで活躍するフランス代表FW。身長192cmのターゲットマンとして前線に構える古き良きタイプの選手ですが、運動量も非常に豊富で大型FWらしからぬ面も。グリーズマンやベンゼマのような派手さはないかもしれませんが、チームに必要不可欠な存在であることは確か。そろそろ引退を視野に入れても不思議ではない年齢ですが、2018年のワールドカップ優勝メンバーとして語り継がれていくことでしょう。

第1位:アンドレ・ゴメス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mentally I’m already there! Set the goal, visualize, and the body will follow! 🔥 @everton

André Gomes(@aftgomes21)がシェアした投稿 –

見事1位に輝いたのは1993年生まれのポルトガル代表アンドレ・ゴメス。ポルトガルの名門ベンフィカで活躍し、バレンシアを経てバルセロナに加入。2019年には完全移籍という形でエヴァートンへと移りました。視野の広さや展開を読む力はプレミアでも屈指で、バルセロナは惜しい人材を手放したと言われることも。2022年のカタールW杯でもポルトガル代表として期待されるので、アンドレ・ゴメスのルックスだけでなく、展開力やプレ-面でも注目していただければと思います。

関連記事

FIFAワールドカップ2022をブックメーカーで楽しむ

FIFAワールドカップ2022をブックメーカーで楽しむ

FIFAワールドカップ2022をブックメーカーで楽しみたい。そう待ち遠しく思っている人も多いでしょう。世界で最も盛り上がるスポーツイベントといえば、やはりサッカーワールドカップですよね…>>続きを読む

世界ナンバー1のイケメン選手はオリビエ・ジルー

今回のランキングはサッカー好きの女性サポに協力して頂き作成しましたが、私個人の意見としては「日本人の好みには偏りがある」と考えています。どうしても日本で選ばれるランキングでは南米の選手が選ばれにくい傾向がありますから、国籍・人種に一切左右されないランキングを知りたいと考えていたところ、海外の女性向けメディア[SHAPE」が世界で最もセクシーなサッカー選手を発表していました。それでは海外メディアの視点を参考に世界のサッカー選手イケメンランキングTOP10を紹介していきます。

  • 1位:オリビエ・ジルー(チェルシー)
  • 2位:セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
  • 3位:アレクシス・サンチェス(インテル・ミラノ)
  • 4位:ファビアン・ジョンソン(1899ホッフェンハイム)
  • 5位:イニャツィオ・アバーテ(引退)
  • 6位:リオネル・メッシ(バルセロナ)
  • 7位:ルーカス・ポドルスキ(アンタルヤスポル)
  • 8位:ネイマール(PSG)
  • 9位:デレ・アリ(トッテナム)
  • 10位:ラダメル・ファルカオ(ガラタサライ)

やはり海外メディアのランキングは面白いですね。セルヒオ・ラモスやアレクシス・サンチェスなど日本人が選ぶイケメンランキングにはなかなか登場しない名前が上位に入っています。ネイマールやメッシは異なりますが、全体的に身長があって筋肉質な選手が選ばれているのがランキングの特徴と言えそうです。このランキングは昨年公開されたものですが、2021年の最新版が公開され次第、更新していきたいと思いますのでお楽しみに。

当サイトではサッカーで人気のブックメーカー各社の評価・ランキングを忖度なしで公開しています。ぜひ、そちらもご覧ください。