日本から安心して遊べるブックメーカーの選び方【2021年最新情報】

日本から安心して遊べるブックメーカーの選び方

2021年になり、ブックメーカーが日本でも一般的なギャンブル・娯楽として浸透してきた印象があります。ニュース番組で東京オリンピックや大統領選などが報じられる際にはブックメーカーのオッズも併せて紹介していましたね。日常で耳にする機会が増えたことによりハードルは下がり、日本語に対応しているブックメーカーの増加から、日本人が気軽に参加できる環境が整いつつあると私は考えます。

この記事を開いた方の多くは、「ブックメーカーは日本で遊べるのか」と興味を持った未経験の人、「これからブックメーカーを始めてみたい」と考えている初心者のプレイヤーかと思います。ご存じの方も多いと思いますが、ブックメーカーとは世界中のスポーツを中心に選挙や天気などにもベットできるギャンブルです。とはいえ、賭け事であることを抜きにしてオッズを眺めているだけでも楽しめる娯楽だと私は感じています。ブックメーカーと初めて出会った7年前の衝撃は私にとっても大きなもので、皆さんが一歩を踏み出す助けができれば嬉しいです。

ただ、ブックメーカーを日本で運営することは違法ですので、我々プレイヤーは海外で運営されるブックメーカーで遊ばなければいけません。しかし、世界中に数百、数千と存在するブックメーカーの中から、安心してプレイできるブックメーカーを初心者が探すのは至難の業。そこで、今回の記事ではこれからブックメーカーを始める、もしくはブックメーカーを始めたばかりの人に向けて、信頼できるブックメーカーを選ぶ評価ポイント専門家が考える日本人向けブックメーカーの特徴を解説し、最後には当サイトが選ぶ日本語対応ブックメーカートップ3を紹介していきます

信頼できる日本語ブックメーカーの評価ポイント

日本から初めてプレイするときに、どこのブックメーカーを選べばいいのか分からないのは当然です。また、当サイト「Daily Bookmaker.com」ではブックメーカーを紹介する前に運営会社を調査し、実際に担当者と会ってから掲載を決めていますが、一般のプレイヤーがそこまでするのは不可能に近いでしょう。もちろん、紹介されているブックメーカーを利用すれば安心なのですが、私は皆さんにも評価ポイントを覚えていただいた方がいいと考えます。これからプレイしていく中で、知人に新しいブックメーカーを勧められたり、たまたま魅力的なボーナスがあるブックメーカーと出会うこともあるかもしれません。最終的に登録するか否かは自分の判断であり、ブックメーカーが信頼できるかどうかを最低限見極める知識は必須なのです。近年は世界的には無名のブックメーカーが日本市場に触手を伸ばしているケースも見かけるので、これから紹介する評価ポイントを基に慎重に選んでください。

正規のライセンスで運営している

ブックメーカーを運営するためにはライセンスが必要となります。これが政府に認可されている証となるので、ライセンスを所持していない会社や、信頼度の低いライセンスで運営しているブックメーカーには注意が必要です。「イギリス領ジブラルタル」、「マルタ共和国」、「フィリピン・カガヤン経済地区」といった信頼できるライセンスを所持しているブックメーカーを選択するようにしてください。ちなみに、最も取得や維持が難しいのはマルタ共和国が発行するライセンスと言われています。

関連記事

ウィリアムヒルの特徴と登録・入出金方法を解説【初回入金ボーナス付】

最難関マルタライセンス所持のウィリアムヒルを解説

1934年創立の老舗ブックメーカーで、業界最大手として知られるウィリアムヒル。スポーツ振興でも大きな役割を担っており、数多くの大会やチームのスポンサーを務めていることからその名を耳に…

信頼できるカスタマーサポート

初心者だけでなく、全てのプレイヤーにとってカスタマーサポートは重要です。日本人サポートがいないブックメーカー、日本語で表示されていても明らかに不自然な翻訳のブックメーカーも多く、そういったところは日本市場に力を入れていない可能性も高いのでお勧めできません。登録する前にもサポートは利用できるので、簡単な質問を日本語でしてみるといいでしょう。また、日本語サポートは24時間でないところも多いので対応時間も確認してください。

関連記事

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)の特徴・プレイ方法を徹底解説【日本限定ボーナス付】

24時間日本語サポート完備のSportsbet.ioを解説

スポーツベットアイオーは仮想通貨系ブックメーカーの代表格と言える存在です。”世界初のビットコイン専門ブックメーカー”として地位を確立したこともあり仮想通貨のイメージが強いですが…

入出金手段が豊富

多くのブックメーカーでクレジットカード入金が可能ですが、カード会社によってはブックメーカーで利用ができない場合もあります。なので、多くのプレイヤーがecoPayz(エコペイズ)という電子決済サービスを利用しています。ただ、民間の決済サービスである以上は日本からの撤退は常に考えられるリスクであり、もしもの時に備えて複数の決済サービスが使えるブックメーカーを選ぶと良いでしょう。最近は仮想通貨が利用できるブックメーカーも増えているので、ペイメントの選択肢は豊富です。

関連記事

入出金で必須のエコペイズ【当サイト限定ゴールド会員特典付】

英国金融サービス局に認可された電子マネー発行者として欧州で高い信頼を得ているPSI-Pay Ltdが運営するecoPayz(エコペイズ)。 欧州で人気のecoPayzですが、ブックメーカーへの入出金で便利な…

スポンサーシップの有無

これが全てではありませんが、信頼できるブックメーカーを見分ける1つの簡単な方法としてスポンサーシップの有無は参考になります。ブックメーカーはスポーツの大会・クラブのスポンサーを務めることが多く、好きなサッカーチームのスポンサーでブックメーカーを知ったなんて話もよく耳にします。プレミアリーグやラ・リーガなどのクラブでスポンサーになるには非常に厳しい審査があります。クラブにとってもブランドに関わるわけですから、信頼できる企業か否かを十二分に調査した上で契約を結んでいるのです。ユニフォームスポンサーなどで見かけるところは、「企業としては信頼できる」と考えていいと思います。

関連記事

dafabetの入金不要ボーナス20ドル&登録・入出金方法を解説

セルティックのスポンサーを務めるdafabetを解説

dafabetは2004年に創立されたフィリピン政府公認のブックメーカーです。アジアで多くの支持を集めるdafabetは、試合中にリアルタイムでベットできる”ライブベッティング”に力を入れており…

専門家が考える日本人向けブックメーカーの特徴

専門家が考える日本人向けブックメーカーの特徴

ブックメーカーの評価ポイントについて説明しましたが、信頼性の次は日本人に向いているブックメーカーかどうかを検討したいですね。いくら有名なブックメーカーでも、使い辛くストレスを感じながらプレイするのであれば本末転倒。せっかくの娯楽が台無しになってしまいます。基本的にブックメーカーの本場であるイギリスでの評価が高いブックメーカーだからといって、日本のプレイヤーにとっても使いやすいかと言えば全く違います。やはり日本市場に力を入れているブックメーカーの方が初心者でも安心してプレイできる傾向にあると言えるでしょう。ブックメーカー業界で働き、実際にプレイヤーでもある私、ペタジーニが考える日本人向けブックメーカーの特徴を紹介していきたいと思います。

目当ての試合がすぐに探せる

当然のことですが、Jリーグやプロ野球の試合というのは賭けの対象として日本人からは需要があるものの、世界的にはそこまで注目されていません。英語版のサイトをそのまま翻訳だけしているブックメーカーでは、サイトの奥底にJリーグやプロ野球の試合が置かれていて、オッズ画面に到達するのも一苦労なんてところも珍しくないのです。日本人プレイヤーのことを考えてくれているブックメーカーでは、Jリーグやプロ野球、日本代表戦などの試合がピックアップされていたり、日本人選手が所属する海外クラブの試合が目立つところにあったりします。オッズ画面までストレスなく辿り着けるのは嬉しいですね。

日本人マネージャーがいる

ブックメーカーは全て海外の企業ですので日本人の社員は多くありません。そんな中で日本人マネージャーを雇用している企業のブックメーカーは日本市場に力を入れており、安心してプレイできる印象があります。サイト上の日本語がしっかりしているというのもありますが、有事の際に日本人マネージャーの存在はプレイヤーにとって頼りになる存在です。ブックメーカーからプレイヤーに送られる定期配信のニュースレターは日本人マネージャー・スタッフが書いている場合が多いので、それを読むと各ブックメーカーの日本市場に対する比重が分かります。逆にそこまで日本市場に力をいれていないところは英語で送られてくるので、ニュースレターに一度目を通してみるとことをお勧めします。

キャンペーンが豊富

ブックメーカーでは頻繁にイベントを行っており、お得なキャンペーンも豊富なのでそれを楽しみにしているユーザーも多いと思います。オッズが強化されたり、特別なオッズが用意されたりするのですが、基本的には海外の試合ばかりです。そんな中でJリーグの試合や日本シリーズ、日本の競馬などをでイベントを企画してくれるブックメーカーは、日本人プレイヤーのことを考えてくれている証と言えるでしょう。プレミアリーグなどは世界中で人気なので英語版を翻訳するだけですが、日本の試合をイベントにするのは簡単ではありません。プロモなどを確認して、日本向けの企画が豊富かを確認してみてください。

ペタジーニ
ペタジーニ
ペタジーニ

石川県出身。本人は楽天ファンだが、雰囲気がヤクルトや巨人で活躍したペタジーニに似ているという理由でこのニックネームを付けられた。スポーツ全般に詳しくブックメーカー歴も2013年からと経験豊富。紹介しているブックメーカーは自らプレイし、一人のプレイヤーとして評価するようにしている。

日本語対応ブックメーカー3選【初心者におすすめ】

この記事ではブックメーカー初心者の方に向けて、信頼できるブックメーカーを選ぶ評価ポイント、専門家が考える日本人向けブックメーカーの特徴を解説してきました。ブックメーカーは世界中に把握しきれないほどの数が存在しています。中には個人レベルで運営しているブックメーカー、信頼度の低いライセンスで運営しているブックメーカーがあるのも事実です。いくらオッズやボーナスといった部分で魅力があっても、そういった危険なブックメーカーに個人情報を渡すべきではありませんし、お金を預けるには高いリスクを伴います。この記事が、皆さんが安心してブックメーカーをプレイするための参考になれば幸いです。

皆さんに評価ポイントを知っていただきましたが、さらに深くまで掘り下げて本当に信頼できるブックメーカーを厳選するのが当サイトの役目でもあります。先述の通り、当サイト「Daily Bookmaker.com」では運営会社を調査し、厳しい審査基準クリアしたブックメーカーのみを掲載しています。最後にその中でもオススメしたい安心・安全の日本語対応ブックメーカーを3つ厳選したので、ご参考にどうぞ。

1

スポーツベット.io

スポーツベット.ioスポーツベット.io

時代の先駆者、暗号通貨系ブックの最高峰

ワトフォードFCのスポンサーとして有名なスポーツベットアイオーは、暗号通貨系ブックメーカーの代名詞とも言える存在。ストリーミング・日本語サポート・入出金とすべてが一級品で、初心者から上級者まで納得のブックです。

2

ダファベット

ダファベットダファベット

高いオッズは唯一無二、アジア系ブックの横綱

ノリッジ・シティやセルティックFCといった有名クラブのスポンサーを務めており、サッカーファンから絶大な支持を集めるアジア系ブックメーカー。初心者でも使いやすいプラットフォームと高いオッズが魅力的です。

3

10ベットジャパン

10ベットジャパン10ベットジャパン

世界で高い人気を誇る万能型

セリエAのユヴェントスとパートナーシップを結ぶ世界的人気ブックメーカー。日本のプレイヤー向けにカスタマイズされた10BET JAPANは使いやすく、日本語サポート・出金スピード共にトップクラスの質を誇ります。

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。