eスポーツがオリンピックの正式種目になる可能性は?2028年ロサンゼルス五輪を目標に!

eスポーツがオリンピックの正式種目になる可能性

eスポーツがオリンピック種目になるかもしれないと2018年頃からニュースなどで取り上げられるようになりました。10年前ならゲームがオリンピック種目候補になるなんて言っても誰も信用しなかったですよね。実現すればスポーツとゲーム双方の業界にとって歴史的1ページとなるはずです。

業界では後進国とされる日本ですらeスポーツがこれだけ盛り上がっているのですから、世界では私たちが想像できない程に大きな盛り上がりを見せているのだと思います。競技人口は少なく見積もっても1億人以上、観戦者数は6億人程度と言われており、テニスと大体同じ競技人口だと考えて貰えればその規模が分かります。メジャースポーツと比較してもeスポーツは競技として劣っていないのです。

2020年となった今、eスポーツがオリンピックの正式種目となる話はどこまで進んでいるのでしょうか?進展の話が出ないのは何が障害となっているのでしょうか?そんな疑問を解決するために、この記事では「eスポーツとオリンピックについて詳しく解説していきたいと思います。

オリンピックでeスポーツ?IOC会長は問題点を指摘

オリンピック正式種目にeスポーツが選ばれるのではという話が出たのは、2018年にインドネシアで開催されたアジア競技大会がキッカケと言えるでしょう。

デモンストレーションという枠ではありますが、eスポーツの試合がアジア競技大会の中で行われたのです。採用されたのは「League of Legends」「PES 2018(ウイニングイレブン2018)」「Arena of Valor」「Star CraftⅡ」「Hearthstone」「Clash Royale」の6タイトルで、世界中から大きな注目を集めました。

2022年に中国で行われるアジア競技大会では正式種目にという話も出たので、業界は「よし、オリンピックの正式種目入りも目指そう!」と盛り上がったわけですが、オリンピック委員会側はどうでしょうか?IOCのバッハ会長はAP通信の取材に対して以下のように答えています。

We cannot have in the Olympic program a game which is promoting violence or discrimination. So-called killer games. They, from our point of view, are contradictory to the Olympic values and cannot therefore be accepted.

-AP NEWS-https://apnews.com/3615bd17ebb8478ab534691080a9a32a

要約すると、「暴力や差別を助長するゲームはオリンピックの意義に反するから認められないよ」ということです。確かにFIFAやPESのようなeスポーツの中でもスポーツ系タイトルなら問題ないのかもしれませんが、「平和の祭典」であるオリンピックで、「Call of Duty」や「CS:GO」といったFPSは完全にアウト。MOBAも難しいラインと言わざるを得ません。

eスポーツがブックメーカーにも進出【タイトル増加中】

eスポーツゲームタイトルの決定が難しい

正式種目として認められるには、どのゲームタイトルを種目として採用するのかという問題が発生します。どこのゲーム開発会社にとっても「オリンピック正式種目」の肩書は欲しいでしょうからね。

例えば中国はeスポーツ市場に大きな可能性を感じており、2020年1月に中国・西安で開催された「国際eスポーツカンファレンス」には中国オリンピック委員会副主席が参加するなど、国家レベルで力を入れている様子。今後もeスポーツでは自分たちが中心となってオリンピックを目指すという意思表明にも感じ取れました。

個人的にはMOBA系でオリンピック種目になるなら「League of Legends」か「Dota2」が濃厚かと思いますが、この2つはRiot GamesとValve Corporationといういずれもアメリカの会社が開発したタイトル。発言力のある中国が素直に首を縦に振るとは思えず、「王者栄耀(Arena of Valor)」など中国の開発したゲームを推したいはずです。これは色々と揉めそうですよね。

LoLプレイヤーに人気のブックメーカーとは?【2020年最新版】

eスポーツのオリンピック採用|実現は2028年のロサンゼルス五輪 ?

オリンピックの正式種目になるには、乗り越えなければならない課題が山積みです。ただ、実現するのであれば2028年に開催されるロサンゼルスオリンピックが可能性としては高いと個人的には考えています。

というのも、オリンピックには正式種目の他にその大会に限って実施される「追加種目」というものがあります。2020年の東京オリンピックは野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技が追加種目。2024年のパリ五輪ではブレークダンス、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの4競技が追加種目として決定しています。
実はパリ開催でもeスポーツは候補に挙がっていたのですが、そもそも国際eスポーツ連盟がIOC承認団体という条件を満たしていないので不可能でした。しかし、2028年までは時間もありますし、開催地はなんとロサンゼルス!eスポーツ業界を常にリードしてきたアメリカが提案するということで、十分に可能性はあると言えるでしょう。

eスポーツとオリンピックで盛り上がるブックメーカー

この記事を読んでいる方の多くはeスポーツが好きな方だと思いますので、最後にeスポーツに賭けられるブックメーカーについて紹介したいと思います。
ニュースでも多く取り上げられているのでご存じの方も多いと思いますが、イギリスを中心に政府が発行したライセンスの下で賭け事を運営する会社をブックメーカーと言います。以前からブックメーカーでeスポーツはベットの対象だったのですが、どこかサッカー野球といった人気スポーツの陰に隠れて注目されませんでした。

しかし、2020年にコロナウイルスの影響によりスポーツのリーグ戦・大会が一斉に中止になると状況は一変。ブックメーカー各社は提供できる賭けが少なくなってしまったので、eスポーツのタイトルを急遽増やしたのです。今では「FIFA」「League of Legends」「CS:GO」といった人気タイトルの試合に賭けることができ、多くのeスポーツファンが予想を楽しんでいます。また、世界大会だけでなく、LJLのような日本のプロリーグにベットできるのも嬉しいですよね。

当サイト「Daily Bookmaker.com」ではライセンスと運営会社を厳しい審査基準で調査し、実際に担当者と話して信頼できると判断したブックメーカーのみを掲載しております。何かトラブルがあった際には、お気軽にお問い合わせください。

日本人向けブックメーカーの特徴とは?【初心者必見】

1

スポーツベット.io

スポーツベット.ioスポーツベット.io

時代の先駆者、暗号通貨系ブックの最高峰

ワトフォードFCのスポンサーとして有名なスポーツベットアイオーは、暗号通貨系ブックメーカーの代名詞とも言える存在。ストリーミング・日本語サポート・入出金とすべてが一級品で、初心者から上級者まで納得のブックです。

2

10ベットジャパン

10ベットジャパン10ベットジャパン

世界で高い人気を誇る万能型

セリエAのユヴェントスとパートナーシップを結ぶ世界的人気ブックメーカー。日本のプレイヤー向けにカスタマイズされた10BET JAPANは使いやすく、日本語サポート・出金スピード共にトップクラスの質を誇ります。

3

ネットベット

ネットベットネットベット

サポートも日本語対応、初心者向けブック

2014年から日本市場に参入し、気が付けば当たり前にそこにいるブックメーカーとして地位を確立。人気の秘密は「使いやすさ」「わかりやすさ」ブックメーカー初心者の方にもわかりやすく、サポートも完全日本語対応です。

なお、10BETでは、当サイトから登録したお客様限定で30ドルのボーナスが期間限定で貰えるキャンペーンを開催中です。登録するだけで貰えるので、まずはそのボーナスで試しに遊んでみてください♪

登録するだけで30ドルをゲット!

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。ぜひ参考にしてみてください。