野球のスコアブックが話題となっている理由【その意外な活用方法とは】

野球のスコアブックとは、自分や相手チームの長所や短所を把握することができる、野球にとって欠かせない重要なアイテムです。実際の試合の中では、試合記録の収集や各選手の分析のために、アマチュア野球であればマネージャー、プロ野球であればスコアラーといった記録係が毎試合必ずつけています。

プロ野球、高校野球、草野球など、私たちの生活の中で野球に触れる機会は多いと思います。では、みなさんは野球のスコアブックについて、どれだけ知っていますか?そして、どのような役割があるのでしょうか?実際につけてみたけど難しかった、聞いたことはあるけど詳しいことは分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。

普段の試合をより面白くするためにスコアブックを個人でつけている人は昔からいますが、最近ではデータとして活用するために記入する人が増えてきたようですね。スコアブックをブックメーカーで活用しているとのことですが、一体、ブックメーカーとは何なのでしょうか?この記事では野球とスコアブック」の基本情報から、ブックメーカーでの活用方法まで詳しく解説していきます。

野球スコアブックの「早稲田式」と「慶応式」の違いとは?

スコアブックとは、記号や数字で試合の流れを記したものをいいます。スコアブックの特徴としては、自分のチームだけでなく、相手チームのことも記録することが挙げられます。また、得点はもちろんのこと、守備と攻撃の両方を記録していくことも特徴の一つです。

現在、スコアブックの記入方式早稲田式(一般式)と慶応式(プロ野球式)の2種類があります。高校野球や草野球などで広く一般に普及しているのは「早稲田式」であり、日本プロ野球(以下NPB)の公式記録員が用いるものは「慶応式」です。

いずれもアメリカのスコアブックが元になっているわけですが、名前から分かるように日本では大学野球で広まり、変化を加えて現在の形に至ったと言われています。早稲田式は4つの補助線とダイアモンドの図を用いて区分けされているのが特徴です。慶応式は早稲田式と異なり4つに分割する補助線とダイアモンドがなく、必要な情報のみを記入していくことを特徴としています。

先述した通り、スコアブックの発祥はアメリカであり、早稲田式も慶応式もこれを参考にしています。ですが、日本では1から9までの守備番号を用いて記録する一方で、アメリカ式は守備番号を使わないという違いも見られます。

野球スコアブックを個人がつける目的とは

さて、野球の試合でスコアブックをつけるのは、何も野球関係者だけではありません。球場へ行った際に応援席を見渡すと、紙とペンを持って試合中ずっと何かを記録している人を見かけたことはありませんか?今は球場ではあまり見かけなくなってしまいましたが、スコアブックは観戦者個人でつけている人も少なくないのです。

アメリカでは、今でも野球ファンが観戦しながらスコアブックをつけることは珍しくありません。スコアブックをつけなくとも野球を十分に楽しむことはできるのに、なぜ個人の方たちもスコアブックをつけるのでしょうか?

詳細な試合記録として

野球のスコアブックはプレイボールからゲームセットまで、その試合の流れのすべてを細かく記録することができます。また、試合経過だけでなく、投手・打者・守備といった試合中の各選手のプレーを、スコアブックを用いて振り返ることもできます。例えば、投手であれば投球内容、打者であれば出塁数やヒットの種類、守備であればエラーやダブルプレーなど、誰が・いつ・どのようなプレーをしたかが一目瞭然です。

また、その試合の中で気になったことを備考欄にメモすることで、より詳細に試合を記録することができ、後から見返した際に分かりやすく、オリジナリティの高いものへと変化させることも可能です。このように、スポーツニュースなどでは足りない情報を、自身の手で試合記録として残すことができるのです。

ブックメーカーの予想に役立てるため

スコアブックをつけている人に多いのが、ブックメーカーのようなスポーツベッティングの予想に役立てるといった目的です。
イギリスを中心にヨーロッパで高い人気を誇る「ブックメーカー」は試合の勝敗や総得点数などを予想してベットするギャンブルの一種です。欧州を中心に発展した文化だけにサッカーや競馬といったイメージが強いですが、近年は北米やアジアでもプレイヤー数が増えていることもあり、野球も屈指の人気競技へと成長しました。日本のプロ野球にもベットできるので、今では日本人プレイヤーも非常に多くなりましたね。
ブックメーカーで最も重要とされるのが「データ」です。ライブベッティングという試合中に行うベットも人気があるので、多くのプレイヤーがデータと照らし合わせながら賭けるタイミングを伺っています。また、オッズを決めるトレーダーの裏をかくことが求められるだけに、個人でつける独自のスコアブックを所持するプレイヤーも多いのです。

野球のスコアブックを自分でつけるのは難しい?

スコアブックのつけ方の基本は早稲田式と慶応式の2種類あると解説しました。しかし、個人で楽しむ場合のつけ方は人それぞれです。自分なりの方法で記録しても問題ありません。スコアブックのつけ方に囚われて、記入にばかり集中してしまい野球観戦を楽しめなくなってしまっては本末転倒です。分からない記入方法はあとで調べて、余白や備考欄にメモ書きしても大丈夫です。大切なことは、自分にとって分かりやすい方法で記録して、慣れていくことです。

従来通り紙に記録していく方法以外にも、今はアプリで手軽に付ける方法もあります。自分にとって無理なくできる方法で、野球観戦をより楽しむ一つの手段として、スコアブックをつけてみませんか?

野球のスコアブックを使ってブックメーカーに挑戦!

野球のスコアブックに興味がある人に、是非とも挑戦していただきたいのが「ブックメーカー」です。

ブックメーカーでは単に提示されたオッズを比較して予想するプレイヤーも少なくないですが、スコアブックをつけているとデータを分析し、チーム状況や試合経過を考察してベットすることも可能です。これはブックメーカーで野球にベットする上で大きなアドバンテージとなりますので、皆さんにも挑戦していただきたいですね。

最後に野球好きの方にお勧めしたい安心・安全のブックメーカーを紹介しますので、よろしければご参考にどうぞ。

1

カジ旅

ボードッグボードッグ

世界初のRPG一体型ストーリーが楽しめるブックメーカー

プレイヤーは冒険中に獲得したルビーなどのアイテムを使ってお得にプレイすることが可能で、スポーツの試合にベットしながらゲーム要素を楽しむことができます。

2

ダファベット

ダファベットダファベット

高いオッズは唯一無二、アジア系ブックの横綱

ノリッジ・シティやセルティックFCといった有名クラブのスポンサーを務めており、サッカーファンから絶大な支持を集めるアジア系ブックメーカー。初心者でも使いやすいプラットフォームと高いオッズが魅力的です。

3

カジノエックス

カジノエックスカジノエックス

ボーナス豊富な個性派ブック

業界屈指のボーナス数でプレイヤーに人気のカジノエックス。少しでもお得にプレイしたいという方は要チェックのブックメーカーです。入出金手段の豊富さにも定評があり、各種クレジットカード・ビットコインも利用可。

また、ブックメーカーの中には初めての方向けに「入金不要ボーナス」を用意しているところもあります。北米No.1ブックメーカーとして有名なBodog(ボードック)では、当サイトから登録したプレイヤー限定で20ドルのボーナスが期間限定で貰えます。登録するだけで貰えるので、まずはそのボーナスで試しに遊んでみてください♪

登録するだけで20ドルをゲット!

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。