【プロ野球】防御率の計算方法 | 勝利数より重要な理由とは?

プロ野球において、ピッチャーの善し悪しを判断する指標として使われる防御率。野球ファンにとってはお馴染みの数字ですが、野球ファン初心者の中には「防御率って何?」と疑問に思う方も多いことでしょう。

そこでこの記事では、プロ野球における防御率はどのような数字なのか、具体的な計算方法や歴代のランキングなどを交えながら詳しく解説します。

防御率について正しく理解することで、勝利数だけでは測ることのできないピッチャーの正確な成績を読み取ることができますので、野球ファンになったばかりという方はぜひ参考にしてください!

プロ野球の防御率とは?計算方法を解説

防御率とはピッチャーの成績を知るための指標の一つ。場合によっては英語で「ERA(Earned Run Average)」と表記されることもあります。

防御率の計算方法はシンプル

防御率とは、ピッチャーが9イニング(1試合)投げた際に何点取られるかを数値化したもの。計算方法は下記の通り非常にシンプルです。

防御率=自責点×9(回)÷投球回数

例えばあるピッチャーが、6回を投げて2点取られたとします。その場合、このピッチャーは9回を投げたら3点取られる計算となるので、防御率は3.0と計算することができます。

(例)6回を投げて2点取られた場合

防御率=2×9÷6=3.0

もし回の途中でマウンドを降りた場合には、その回に何アウト取っていたかによって1/3や2/3と細分化されます。例えば7回の1アウト目を取ってマウンドを降りた場合には、投球回数は6回1/3という計算になります。

もし色々な防御率を計算したいという方は、CASIOが提供するKeisanというサイトを併せてご活用ください。投球回数と自責点を入力すれば、ボタン一つであっという間に防御率を計算することができます。

防御率の基準となる自責点とは?

防御率の計算式でポイントとなるのが「自責点」という考えです。自責点とは文字通りピッチャーの責任で失点した点数のことで、言い換えればピッチャーが打たれたり、ピッチャー自身がエラーをしたりすることで相手チームに奪われた点数のことを指します。

〈自責点に該当する例〉

  • ヒット
  • ホームラン
  • フォアボール
  • デッドボール
  • 犠牲フライ
  • バント
  • 盗塁
  • ボーク
  • 暴投
  • フィルダーズチョイス

しかし例外として、味方がエラーをしたり、前のピッチャーが出したランナーが生還した場合などは、この自責点には該当しません。ポイントはアウトを取る機会があったかどうかであり、そのピッチャー以外の責任でチームが失点した場合には、自責点にはカウントされないのです。

つまり、もし6回を投げて2点取られたとしても、その2点がエラー絡みの失点で自責点にならなければ、そのピッチャーの防御率は0.0となります。

防御率は低い方が良い

野球ファン初心者の中には、「防御率は高い方が良い」と勘違いする方も少なくないでしょう。しかし、防御率はピッチャーが1試合あたりに何点取られるかという数値なので、数値が低い方が優秀であるという性質があります。

平均的な防御率はおよそ3点台になることが多いですが、優秀なピッチャーになれば防御率1点台という選手も少なくありません。大まかな目安として、防御率は以下のように分類することができます。

〈防御率の目安(先発ピッチャーの場合)〉

  • 防御率0点台:プロ野球史に名を刻む伝説級のピッチャー
  • 防御率1点台:球界を代表するエース級のピッチャー
  • 防御率2点台:各チームのエース級のピッチャー
  • 防御率3点台:各チームの先発ローテーションを守る優秀なピッチャー
  • 防御率4点台:1軍ではなかなか使いづらいピッチャー

プロ野球防御率の歴代記録まとめ | 1点未満も続出

ここからは防御率にまつわるプロ野球の様々なデータをランキング形式でご紹介します。中には防御率が1点を下回る伝説的なピッチャーもいますので、ぜひ参考にしてください。

歴代の最優秀シーズン防御率

まずは歴代の最優秀シーズン防御率をランキング形式でご紹介します。1シーズンだけとは言え、防御率が1点台を切るのはピッチャーにとっては非常に名誉な記録です。

  1. 藤本英雄(東京巨人軍) 0.73 1943年
  2. 景浦將(大阪タイガース) 0.79 1936年
  3. 沢村栄治(東京巨人軍) 0.81 1937年
  4. 野口二郎(大洋軍) 0.88 1941年
  5. 林安夫(朝日軍) 0.887 1943年

記憶に新しいところで言えば、楽天イーグルスが日本一に輝いた2013年の田中将大選手の防御率が1.27でした。それよりも3分の2以下の数値がランクインしていますので、こうした記録を破るのは極めて困難だと考えられるでしょう。

歴代の最優秀通算防御率

続いて、最優秀通算防御率をランキング形式でご紹介します。生涯成績を通しての数値ですので、2点を切るだけでもとてつもなく優秀な成績だと言えます。

  1. 藤本英雄(東京巨人軍など) 1.90 1942年∼1955年
  2. 野口二郎(大洋軍など) 1.96 1939年∼1952年
  3. 稲尾和久(西鉄ライオンズなど) 1.98 1956年∼1969年
  4. 若林忠志(大阪タイガースなど) 1.99 1936年∼1953年
  5. V.スタルヒン(東京巨人軍など) 2.088 1936年∼1955年

いずれのピッチャーも、1940年代から1950年代にかけて活躍したピッチャーであることが分かります。この時代は現代に比べてはるかにピッチャー有利の時代でしたので、これらの記録が抜かれることはほぼ無いと言えるかもしれません。

過去10シーズンの最優秀防御率

続いては、過去10シーズンにおける最優秀防御率を、セパ別にそれぞれご紹介しましょう。ここ10シーズンでも防御率1点台という優れたピッチャーが多数いることが分かります。

過去10年のプロ野球最優秀防御率

野球ファン初心者の方でも聞いたことがあるような、球界を代表するエース級のピッチャーばかりであることがお分かりでしょう。実際、日本で圧倒的な防御率を残したことで、メジャーリーグへ移籍した選手も少なくありません。

また、近年の野球は「打高投低」という言葉が生まれるほどバッター有利の野球となっているため、防御率2点以下を切ることは至難の業と言われています。

【2020年プロ野球】防御率の平均とランキング

過去の様々なデータをご紹介したところで、続いては2020年シーズンの防御率に関するデータをご紹介しましょう。2020年シーズンはイレギュラーが続いたことで、防御率にも様々な変化が見られました。

セ・パ防御率ランキング

まず初めに、2020年シーズンの防御率ランキングTOP3をセパ別にご紹介します。

〈セリーグ〉

  1. 大野雄大(中日) 1.82
  2. 森下暢仁(広島) 1.91
  3. 菅野智之(巨人) 1.97

〈パリーグ〉

  1. 千賀滉大(ソフトバンク) 2.16
  2. 山本由伸(オリックス) 2.20
  3. 有原航平(日本ハム) 3.46

両リーグとも、球界を代表するエース級のピッチャーがズラリと並んでいます。中でもセリーグ2位の防御率を記録した森下暢仁選手は、入団1年目のルーキー。10勝3敗という立派な成績を残し、圧倒的な得票数で新人王にも輝きました。

セリーグの3投手はいずれも防御率が1点台であるのに対し、パリーグのピッチャーはいずれも防御率が2点を上回っていることがお分かりでしょう。セリーグの方が防御率争いが熾烈であったのも、2020年シーズンの一つの特徴として考えることができます。

平均防御率は過去3シーズン最低に

感染症対策の観点から、イレギュラーの連続となった2020年シーズン。開幕時期が約3か月遅れたり試合数も減ったりと、選手たちにとっては調整が難しいシーズンとなりました。

そんな2020年シーズンでは、平均防御率は3.85と、過去3年間で最も低い数値となりました。これにはピッチャー以上にバッターにとって調整が難しかったことや、規定投球回数に達するピッチャーが少なかったことなどが起因しています。

〈過去3シーズンの平均防御率〉

  • 2020年:3.85
  • 2019年:3.90
  • 2018年:3.95

規定投球回数とは、シーズン通してのピッチャーの成績を知るための数値のことで、プロ野球では試合数と同じ数字が規定回数と定められています。2020年シーズンは試合数と同じ120回が規定投球回数となりましたが、規定投球回数に達したピッチャーは両リーグ合わせてたったの14人と、過去最低の数字になりました。

救援陣の防御率は悪化傾向に

2020年シーズンの特徴として顕著だったのが、救援陣の防御率が例年よりも悪かったということです。これは開幕が3か月遅れたことで6連戦が続く異例のシーズンとなり、リリーフ陣やクローザーにとって負担が大きくなったことが原因として考えられます。

さらに先発投手を温存した「オープナー」や「ブルペンデー」といったメジャー式のスタイルを取り入れるチームも増え、2021年シーズン以降もこうしたトレンドは継続されることが予想されます。

防御率は勝利数よりも重視される

ピッチャーの成績を知るための数値として勝利数がクローズアップされることが多いですが、実は勝利数は運に左右される要素も多く、ピッチャーの正確な成績を知ることはできません。

と言うのも、仮に10点取られても味方が11点取れば勝利投手になりますし、逆を言えば相手を1点に抑えても味方が0点に封じ込められたら敗戦投手になってしまうのです。そのため、ピッチャーの成績を知るためには、勝敗数よりも防御率の方が重要だと言えます。

イレギュラーな日程に様々な影響を受けた2020年シーズンでしたが、2021年シーズン以降は防御率にどのような変化が見られるのでしょうか?プロ野球ファン初心者の方は、ぜひ勝利数だけではなく防御率に注目してシーズンを楽しんでくださいね!

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開しています。ぜひ参考にしてみてください。