ブックメーカーの違法性について解説【2020年安心してプレイするために】

ブックメーカーが”違法”なのか”合法”なのかという点について、気になる人は多いでしょう。

日本でもブックメーカーが浸透し、プレイヤー数も想像以上に増えていますが、「ブックメーカーをやってみたい」「スポーツベットで稼いでみたい」と興味はあっても、違法性という部分に不安を感じて登録を躊躇している人は確実に多いと思います。

日本には国に認められた公営ギャンブルというものがありますね。競馬・競輪・競艇、それから宝くじやtoto(スポーツくじ)もこれに分類され、法で定められた年齢に達していれば基本的に誰でも参加することは可能です。それ以外のギャンブルは法律で認められていないということになります。
※パチンコは風俗営業であり、雀荘やゲームセンターと同じ括り

かつては英語でプレイするしかなかったブックメーカーですが、近年は日本語化も進み気軽に参加できるようになりました。海外で合法のブックメーカーに参加することは違法なのか、初心者にも分かり易く解説していきます。不安を感じるのは当然のことだと思いますので、この記事が皆さんのご参考になれば幸いです。

ブックメーカーは違法?~ブックメーカーとは~

1790年代にイギリスの競馬場で誕生したブックメーカーは、1960年代に英国政府公認となりました。

日本では「ギャンブル」というワードに汚い・借金・依存症といった悪いイメージばかりが先行しますが、欧州では、特にスポーツベッティングに関しては全く異なる評価と言えるでしょう。そもそもスポーツは個人・家庭に大きな影響を及ぼすものであり、競馬場にはドレスコードもある高貴な社交場といての位置づけが欧州にはあります。好きなチームを応援するため、試合観戦をより一層楽しむための娯楽としてブックメーカーは存在するのです。

ブックメーカー各社は政府からの認可を受けて合法的に営業していますが、その証となるものがライセンスです。もちろん、ライセンスはどこの企業にも発行されるわけではなく、厳しい審査の上で発行されています。イギリスやマルタ、キュラソー島、フィリピンなどがライセンス発行国として有名ですね。

繰り返しになりますが、ライセンスは簡単に発行されるものではありません。「資金力」「公平性」「安全性」など複数項目で厳しい審査があり、それはライセンス発行後も違法行為がないのか定期的に調査が入ることになります。発行してもらうのも難しいですが、それを維持していくことも大変なのです。

イギリスで大人気!ブックメーカーの魅力とは

ブックメーカーは違法?~違法性について~

日本で違法賭博が成立するためには

それでは、本題に入りたいと思います。

「ブックメーカーは海外で政府の認可を受けた上で合法的に営業している」「日本では公営ギャンブル以外は法律で認められていない」この2つの条件下で、日本からブックメーカーをプレイすることは違法なのでしょうか?仮に違法だとするのであれば、ブックメーカーを楽しむ人たちは日本でも急増しているのに逮捕者が出ないのはなぜでしょうか?

個人的な考えですが、このテーマは全てのプレイヤーが知っておくべき点だと思います。法律が絡んでくる部分なので難しく感じるかもしれませんが、自分がどんな立場でプレイしているのかを理解するためにも、しっかりと読んでいただきたいです。

オンラインブックメーカーの違法性

日本の刑法では賭博に関して以下のように定められています。

刑法185条
賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭かけたにとどまるときは、この限りでない。

wikibooks

刑法186条
常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

wikibooks

上記の通り、国内では胴元側も賭ける側も双方が罪に問われるようです。 それでは、海外で合法として営業しているブックメーカー、そこにベットする日本人プレイヤーはどのような解釈になるのでしょうか。

日本での逮捕と判例

結論から話すと、ブックメーカーに関連する逮捕者は出ていません。

一方で同様の立場にあるオンラインカジノでは2006年に3人の逮捕者が出ましたが、最終的には不起訴となっています。この国で違法賭博が成立するためには、賭博を提供する側(胴元)および、賭博をする側(プレイヤー)双方が日本国内で違法賭博行為を行った場合に限られるので、海外で合法的に運営されている企業を違法賭博として処罰するには無理がありました。

簡単に言うと、海外で政府の認可を受けているブックメーカーを起訴することはできないから逮捕者は出ていないけど、胴元が国内にある場合は即座に逮捕・起訴されるよという話です。この点は絶対に気を付けなければなりません。

本当に安全と言い切れる?

日本の賭博罪では「日本国内で違法行為をした者に適用する」と第1条で規定されています。

賭ける行為は国内で行われているため、ブックメーカーでベットに参加することは国内犯として違法性が問われる可能性が存在しています。しかし、海外のブックメーカーはその国では公認され合法的に運営されているので違法性は皆無です。そのため、行為には違法の可能性はあるが、結果には違法性がないと解釈され、違法賭博としては不成立となるのです。

違法性のある賭博の摘発には、もう一つの要素として“公然性”が問われます。公然性とは社会的な不特定多数に知られる、あるいは影響を及ぼしているという意味になりますが、個人のパソコンやスマートフォンで普通に楽しんでいる限りは、公然性は全くないと言えます。逮捕され違法性を問われる可能性は限りなく0%に近いと言えるでしょう。

ブックメーカーは違法?~まとめ~

「ブックメーカーは違法?」をテーマに解説してきました。

日本は長年、公営ギャンブル以外を認めないという方針を貫いてきましたが、カジノ法案が通るなど経済のためには世界基準に合わせていくという方向に舵を大きく切りました。もしかしたら、ブックメーカーが完全に合法と認められる日も、そう遠くないかもしれませんね。

ただ、皆さんに最も理解していただきたいのは、「絶対に非合法のブックメーカーに参加しないで」という点です。稀に日本国内でブックメーカーを運営しようとする人がいますが、これは違法であり、明らかな犯罪行為です。もし仮にそのブックメーカーで賭けに参加しようものなら、すぐに逮捕・起訴されることでしょう。また、海外にもライセンスを取得していない、信頼度の低いライセンスで運営しているブックメーカーが存在するのも事実です。信頼できるブックメーカーに登録してプレイするようにしてください。

当サイト「Daily Bookmaker.com」では、運営会社を厳しい審査基準で調査して安心・安全のブックメーカーのみを紹介しています。中でも信頼度が高いブックメーカーを最後に紹介しますので、ご参考にどうぞ。

安心・安全に楽しめるおすすめブックメーカー

1

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルウィリアムヒル

業界最大手の高い信頼性、ブックメーカーの代名詞

トッテナム・ホットスパーのスポンサーとしても知られる、1934年創立の老舗。イギリスを中心に欧州では圧倒的な知名度を誇り、豊富なマーケット数は圧巻の一言です。英国紳士に長く愛される業界最大手ブックメーカー。

2

ダファベット

ダファベットダファベット

高いオッズは唯一無二、アジア系ブックの横綱

ノリッジ・シティやセルティックFCといった有名クラブのスポンサーを務めており、サッカーファンから絶大な支持を集めるアジア系ブックメーカー。初心者でも使いやすいプラットフォームと高いオッズが魅力的です。

3

ボードッグ

ボードッグボードッグ

カール・ルイス級の出金速度、北米No.1ブック

アメリカを中心に北米で高い人気を誇るブックメーカー。MLBやNBAなど米4大スポーツリーグのマーケット数が豊富なのも同社ならではの特徴で、日本では上級者向けブックとしての地位を確立。出金スピードにも定評アリ。