ブックメーカーはキャッシュアウトで投資に変わる【可能性を広げた新機能】

ブックメーカー

ブックメーカーにはキャッシュアウトという機能があるのをご存知でしょうか?
勝敗を予想するだけのイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ブックメーカーでは数多くの賭け方やオッズの種類が用意されており、プレイヤーの要望に応える形で今も進化を続けています。
中でも、キャッシュアウト機能の導入はブックメーカーのプレイヤーにとって大きな出来事でした。その理由はキャッシュアウトが「ギャンブル」ではなく「投資」として成立させる画期的な機能だからです。

この記事ではキャッシュアウトについて詳しく解説していきます。
少しでも「ブックメーカーで勝ちたい」「損はしたくない」と考えているプレイヤーにとってはキャッシュアウトは非常に重要な機能です。
キャッシュアウトとは何なのか、なぜ「損切り」と言われているのか。初心者から上級者まで知っておいて損はない情報ですので、キャッシュアウトの機能をイマイチ理解していないという方には読んで参考にしていただきたいと思います。

ブックメーカーのキャッシュアウトとは?

ブックメーカー

ブックメーカーのキャッシュアウトというのは簡単に説明すると、「賭けが確定する前に辞退することができる機能」の事です。

ブックメーカーでは試合前・試合中にベットすることができ、賭けたタイミングのオッズで的中した際の払戻金が決まります。以前は一度ベットをすると、試合結果が確定するまではキャンセルすることができませんでした。しかし、キャッシュアウト機能が導入されてからは、結果が確定する前にベット金額の一部、もしくは利益の一部を手にすることができるようになったのです。

キャッシュアウトを知らない方にとっては「試合終了まで待って利益を全て貰った方が得なのでは?」と考える人も少なくないと思いますが、一概にそうは言えません。
どういったシーンでキャッシュアウトを使うのか見ていきましょう。

ブックメーカーでキャッシュアウトを使うタイミング

キャッシュアウトがなんとなく便利な機能であることは理解していただけたと思いますが、プレイヤーはどのような場面で使えばいいのでしょうか?

ブックメーカーを「投資」として成立させるキャッシュアウトですが、気を付けなければいけないのは使い方次第でプラスにもマイナスにもなる可能性があるということです。 「プラス収支確定」と「損切り」この2つのキーワードがキャッシュアウトでは重要になりますので、それを理解して上手く使いこなせるようになりましょう。

プラス収支確定

キャッシュアウトを頻繁に使う場面として、やはり「プラスになることが確定したタイミング」というのがあります。

セリエAの試合で例を挙げてみましょう。

ユヴェントス
1.8倍
引き分け
3.9倍
トリノ
5.0倍

この試合のオッズを見れば、ユヴェントスが圧倒的に優勢であることがわかりますね。しかし、トリノにも僅かに勝機があると見て、この試合はトリノ勝利に$50を賭けるとします。トリノが勝利した場合の払戻金は$50×5倍で$250。$50を賭けているので、$200のプラスとなりますね。

それではキックオフ!試合は前半35分にトリノが先制しました。トリノが勝利に近づくわけですから、ブックメーカーは即座にオッズを調整。ユヴェントス勝利に2.9倍、引き分けが4.3倍、トリノ勝利は2.1倍へと下がりました。
こんな場面でブックメーカー側から提案されるのが『キャッシュアウト』の利用です。ブックメーカーは$110でのキャッシュアウトを提案してきました。皆さんはこれを「勿体ない」と思いますか?それとも「魅力的」と思いますか?

先制したとはいえ、トリノが格下ということに変わりはありません。この後、ユヴェントスが2点以上を決めて逆転勝ちを収める可能性も十分にあるでしょう。そうなると、トリノに賭けたお金はゼロになってしまいます。
一方で、このままトリノが逃げ切った場合、ブックメーカー側は大きな額を払い戻さなければなりません。そこで双方のリスクを軽減してくれるのが「キャッシュアウト」なのです。

もしキャッシュアウトを利用すれば、$110が払戻金として得られるのでプレイヤーは$60のプラス。この後、ユヴェントスに逆転されても関係はありません。

もちろん、トリノが勝つ可能性もあるわけですから、このキャッシュアウト機能を「勿体ない」と感じる方がいるのも普通のことでしょう。しかし、ブックメーカーを「ギャンブル」ではなく「投資」として見るなら、確実に利益を得るのは大切なことです。

損切り

「損切り」とは投資用語の一つです。損失を抱えている状態で所持している株を売却することで、簡単に言うと「マイナスにはなるけれども、それ以上マイナスが膨らまないために売却すること」を意味します。

明らかにベットしたチームの調子が悪いこと、絶対に今日は勝てない展開だなと感じること、試合を見ている時にありませんか?
仮にとある試合に$100を賭けていたとします。試合時間の経過によって変わりますが、ブックメーカー側は「今なら25ドルでキャッシュアウトできるけど、どうする?」と提案してくれるのです。

確かにこの後、逆転する可能性もあるかもしれませんが、ベットしたチームが負ければ払戻金はゼロになってしまいます。 でも、逆転の可能性が低いと思うのであれば、マイナスをなるべく抑えたいですよね?

これがブックメーカーにおける「損切り」です。今日は難しいかなと感じたら、キャッシュアウトでマイナスを抑えることも検討しましょう。

ブックメーカーには調整可能なキャッシュアウトも

ここまで一般的なキャッシュアウトについて解説してきましたが、キャッシュアウトには「パーソナルキャッシュアウト」という部分的にキャッシュアウトが出来る機能もブックメーカーによっては存在します。

「パーソナルキャッシュアウト」が可能なブックメーカーでは金額を調整するバーが設けられていることが多いので、自分が回収したいパーセンテージを選んでください。
この機能の利点は、自分が賭けた分の金額をキャッシュアウトで回収し、残りをベットした状態にできることです。

試合展開を見ながら調整する必要があるので手間はかかりますが、自分なりの「勝利の方程式」を見つけていただければと思います。

ブックメーカーのキャッシュアウト~まとめ~

この記事ではブックメーカーのキャッシュアウトについて詳しく解説してきました。

キャッシュアウトを使うタイミングは既述の通り、「プラス収支確定」「損切り」の2つに分類されますが、その使い方は十人十色。それぞれの個性がでるもので、「正解」というものはありません。
どのタイミングでキャッシュアウトを使うのか、パーソナルキャッシュアウトで賭け金だけ引き出すのか、自分なりのスタイルを確立させることが重要です。

使いこなせれば、ブックメーカーが一気に「投資」へと近付きます。まずは、キャッシュアウト機能を使ってみてはいかがでしょうか?

キャッシュアウトが使いやすいおすすめブックメーカー

利益を出すためにも、損失金を抑えるためにも、最大限に活用したいブックメーカーのキャッシュアウト(キャッシュイン)機能。試合展開を読みながらキャッシュアウトするタイミングを窺うプレイヤーにとって、僅かな時間の遅れが大きな損失になってしまうことも!即座にキャッシュアウトができるか否かはブックメーカーを選ぶ上で非常に重要ですよね。そこで、キャッシュアウト機能が使いやすいブックメーカーをまとめました。どれもプレイヤーさんがキャッシュアウトを利用する上で、ストレスなくプレイできるブックメーカーですので、ぜひお試しください。

1

ダファベット

ダファベットダファベット

高いオッズは唯一無二、アジア系ブックの横綱

ノリッジ・シティやセルティックFCといった有名クラブのスポンサーを務めており、サッカーファンから絶大な支持を集めるアジア系ブックメーカー。初心者でも使いやすいプラットフォームと高いオッズが魅力的です。

2

ネットベット

ネットベットネットベット

サポートも日本語対応、初心者向けブック

2014年から日本市場に参入し、気が付けば当たり前にそこにいるブックメーカーとして地位を確立。人気の秘密は「使いやすさ」「わかりやすさ」ブックメーカー初心者の方にもわかりやすく、サポートも完全日本語対応です。

3

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルウィリアムヒル

業界最大手の高い信頼性、ブックメーカーの代名詞

トッテナム・ホットスパーのスポンサーとしても知られる、1934年創立の老舗。イギリスを中心に欧州では圧倒的な知名度を誇り、豊富なマーケット数は圧巻の一言です。英国紳士に長く愛される業界最大手ブックメーカー。

また、当サイトでは「ブックメーカー各社の評価・ランキング」を忖度なしで公開していますので、ぜひ参考にしてみてください。